底辺が12cmの三角形がある。この三角形を底辺はそのままで、高さだけ2倍してさらに5cm長くすると、できた三角形の面積はもとの三角形の面積より54㎠大きくなった。もとの三角形の高さを求めよ。

中学数学11閲覧

その他の回答(4件)

0

元の三角形の高さをXcmとする すると 元の三角形の面積は 12×X×1/2=6X 新しい三角形の高さは X×2+5=2X+5 となり新しい三角形の面積は 12×(2X+5)×1/2=6(2X+5) よって 6X+54=6(2X+5) 6X+54=12X+30 6X-12X=30-54 -6X=-24 X=4 答え:4cm