ID非公開

2021/3/3 20:27

33回答

日本では昔から火葬が行われていたらしいですが、人を燃やす火力を昔はどのように確保していたのですか?

日本史26閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

火力は木をくべれば強くなります。 日本では考古学的には6世紀後半から火葬の跡が見られるそうです。 文献に残る例は,『続日本紀』に僧侶の道昭(元興寺の開祖)で、文武天皇4年(700年)に火葬されたことが載っています。 そして「天下の火葬これよりして始まる」と書かれています。

0

火葬をするようになったのは、文明開化した明治以降ですよ(^^)/ 火葬の原料は木材ですが、当時はまだ木材が豊富でした(^^)

ID非公開

質問者

2021/3/3 21:21

仏教の影響もあって平安時代からしばしば火葬は行われています。 あと木材の火力で人体燃やせるのかが疑問でした。乾燥させれば案外どうにかなるもんなんですかね