近年、阪神は多くの選手に複数の守備位置を挑戦させてますが、それがエラーの多さにつながってる原因の1つでありませんか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

1

仰る通りです。矢野は、誰でも大和や、平野みたいになると思っているのです。一つのポジションも碌に守れない奴らに、複数のポジションが守れるはずが無い。

1人がナイス!しています

1

阪神は便利屋を作りすぎなんだ。それは選手とコーチも悪いし、そもそも固定もしない。 そこなんですよ。若いのもあるけど、今のままではショート木浪、セカンド糸原、外野はセンター近本、キャッチャー梅野だけど。 センターラインをあれやっこれやと使ってたら埒が明かない。 競争とか言うが、とりに行く精神がない。植田とか小幡は話にならない・・・ むしろ、小幡はいい経験さしてもらったというしかない。 ファームには北条とか江越もいるが最後のシーズンと思えばいい。 矢野はキャッチャーを坂本とか原口を起用しているが、それはオープン戦や練習試合でやるべきことだ。

1人がナイス!しています

0

単純に技術が無いだけ 複数ポジション守らせたからエラーが多くなるなんて事は無い

1

ところが防御率となると良いんだよな 長いシーズン通して見れば、やはり 巨人や阪神みたいに、複数ポジションを守れる選手で 固めれば、とても楽なんだよね 巨人なんか、ウィーラーにセカンド守らせたりとかw

1人がナイス!しています

昔ですが セカンドに村田修一、ショートに内川聖一、サードに古木、 ライトがT.ウッズ、レフトに鈴木尚っていうファイヤーフォーメーションがありましたね。暗黒横浜... 内川はセンターもしてた。