宝石の色で、美しいといわれる色がありますよね。

レディース腕時計、アクセサリー | ファッション55閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、ご回答ありがとうございました。 確かに、美しい緑をエメラルドグリーンって言いますね!

お礼日時:3/8 15:26

その他の回答(2件)

0

ID非公開

2021/3/6 2:02

基本的に日本では鳩を食する文化があまりないからでしょうかね。 ヨーロッパなどでは現在も日常的に鳩などを食しますので、 食用に自宅で飼っている事も多いため、自宅で解体します。 そのため、見る機会も多いですよね。

0

エメラルドにはルビーやサファイアのような例えは無いですね。 むしろペリドットの事をイブニングエメラルドと呼んだり、他の方の回答にもあるように、エメラルドグリーンという言葉が存在したり…。 鳩の血色という表現ですが、歴史的には1300年代のal-Akfani氏(アラビア)による記述が由来です。 トップ品質のルビーについて「フレッシュなざくろの実、もしくはピカピカに磨いた銀の板に落とした一滴の動脈の血の色」と記しています。 その他にもトップ品質のルビーの色についての記述例では「生きた鳩の目の真ん中の色」でしたり、「殺されたばかりの鳩の鼻から滴り落ちた最初の2滴の血の色」などもあります。 ビジネスではイギリスの宝石商が1900年代にピジョンブラッドというワードを使って商売したとか…。