税徴収が貨幣経済を成り立たせているっていう議論を聞きますがあれ本当なんですか? 貨幣経済って税や年貢が無い時代からありましたよね?

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

税収がなかった時代の貝殻貨幣って、今で言うところの「商店のクーポン券」程度のものですが、現代ではそれは「貨幣」の定義に含まれていないため、現代の「貨幣」に含まれていないものを挙げて「税徴収は貨幣経済に必要な条件とは言えない」と主張するのは論として破綻しています。 「税ついが貨幣経済を成り立たせている」という議論における「貨幣」に「商店のクーポン券」や「貝殻」は含まれないということです。 このコンセンサスに関しては、MMTだろうとマルクス学派だろうと共通しています。

なるほどこれはとてもいい記述の仕方ですね! 現在の貨幣はこういうものになっている、という事ですね、 これからも変化がしていくという事で、前時代の理論が通用しなくなるという事は当然ですよね

0

税徴収が貨幣経済を成り立たせている?? は本当です!! 多くの富を持つ者から、税を徴収し、富の再配分をしている面は有る。 しかし、もう何十年も、103万円の非課税所得金額は不変で、 収入105万円で、自立できない収入の者からも税金を徴収するのは、国民の生きる権利に違反している。 生活保護世帯が増加するのも仕方ない!! 日本国の悪法です。