「恩賞として与える土地が無くなったので、朝鮮出兵が行われた。」

日本史30閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

「改易」で大名家を取り潰したり、「減封」で領地を減らしたりした原資で他の大名を登用したり、領地を加増したりしました。 とりわけ、関ヶ原の戦いの戦後処理により、石田三成(近江)、小西行長(肥後)、宇喜多秀家(備前岡山)、長宗我部盛親(土佐)を始め西軍についた88の大名家が改易され、その上で三成、行長等は斬首、秀家は遠流、盛親は蟄居となり、毛利家(毛利輝元及び吉川広家、毛利秀元)、上杉家(上杉景勝)など5大名家が大幅な減封を受けた。

0

関ヶ原の戦いで、西軍関係者が没収された石高は780万石に上りました。 その結果生じた浪人は豊臣氏が雇ったと思いますが、大坂の陣で豊臣氏ともども滅びました。 その後は平和な時代になり、部屋住みで納得してもらうしかないでしょうが、幕府は外様を積極的に潰して恩賞の元としたようです。