ダイエットについてです。

ダイエット37閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

なるほど‼︎ 甘いものもすごく好きなのでいいですね。 わたしがデザート作らなければわざわざ買ってまでは食べようとしないので、 やってみようと思います。 素晴らしいですね。 ウォーキングも話をして少しでもやってくれるようになると嬉しいです。 もしくは初めは子供達の公園のつきそいなんかでも良さそうです。 ありがとうございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お写真までありがとうございます‼どんどん状態が悪くなる中どうしたらいいんだろうと思っていましたが焦らず始めてます!がんばります!

お礼日時:6/19 15:14

その他の回答(2件)

0

体重ってね。 摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスで基本決まるわけ。 なので、摂取量を減らすか消費量を増やすしかないのよ。 消費量を増やすのには運動するしかないんだけど、膝が悪い人に運動はまず無理。プールで歩行くらい。 だから摂取量を減らすしかない。 ダイエットって精神力がないと絶対成功しないよ。例えばあなたが食事を考えて作っても、おやつ食べられたら終わりだし。 医師やっていて思うのは、自分の生活を変えられる人は少ないってことかなあ。 まずは低血糖に慣れること。口がさみしいと感じる人はひたすらガムをかませるとか。 糖質制限は計算がしやすい(わかりやすい)のは間違いないけど、海外では長期の健康不安を理由に最近はだめ、という論調です。 しいて言うなら数字化してあげることかな。 運動による消費カロリーと摂取カロリーを数字化することで、本人の自覚を促す。

0

簡単なのは糖質制限と食事の時間ですね。 糖質を夜だけでいいので制限します。糖質を制限すればたんぱく質や脂肪はある程度とってもいいので満足感は変わらないようにします。 重要なのは、食事をとってから寝るまでの時間です。 少なくとも2時間は空けます。 とにかく寝るまでに出来るだけ胃を空っぽにします。 これによって胃食道逆流症を防ぐことにもなるので、激しいいびき、無呼吸症も抑えることが出来ます。 すぐに結果がでるので、お母様も納得して継続しやすいです。