ID非公開

2021/3/26 15:39

1616回答

日本てさ、お金を刷っても法人が労働者に還元しないからずっとデフレだよね?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(15件)

0

「お金を刷っても法人が労働者に還元しないから」 これは違うな。企業がお金を労働者に分配を抑えて いるのは、バブル崩壊とリーマンショックの経験で 内部保留金を労働者に解放できにくくなってしまったからです。 ですから大手企業の内部保留金は増えているとの 調査も有りますが、有事に備えて出せないのは仕方ない。 内需の頭打ちも輸出競争に勝てない実情も甘んじて 受け入れなければならない現実にぶち当たっています。 日銀が刷ったお金は特定の企業に流れるばかりで 殆どの国民には恩恵が有りません。国や地方自治体は 公共事業でしかお金を出さないので、お金の流れる先は 極めて一部の産業に留まります。日本は元々、内需 以上に輸出で経済力を付けた国ですが、今では輸出 大国では無くなってしまいました。良い意味では 成熟した先進国とも言えますが、悪く言えば退化が 始まった先進国なのです。緩やかなインフレは 経済成長と言えますが、日本の現状は緩やかなデフレ 継続中です。やはり経済が後進していると言わざるを得ません。 株価は仰る通り、マネーゲームの産物で有り、実体経済を 現すものでは無く、多くの国民には無関係なものです。 先物取引の相場(原油・金などが代表)も同じ事です。

0

一つ 伺いたいが 経営者は 労働者の給料を増やすと 何の得があるの? 逆にいえば 高度経済成長のように 物凄く好景気になって 社長たちが 労働者を奪い合い 更に 外国人労働者も 日本に来なくなって ウルトラ人手不足 労働売り手市場にならないと 経営者は 労働者の給料を増やそうとか 非正規を 正社員にしようとは 思わないですよ じゃあ どうすれば そうなるか?といえば 日本製品の円価格が横ばいでも 日本製品のドル価格が1/3~1/4になって 日本産品のドル価格が 津軽リンゴも ヱクソぺリアも 中國産リンゴや ファーウェイ携帯より 安くなって 日本が世界商戦で 中国に勝利したら 1ドル360円だった 高度成長期のように 輸出好調で 社長たちは労働者を奪い合い 円安のために 外国人労働者は 日本に来たがらず 中卒ホームレスで 東京 大阪 名古屋に出てきた 地方の労働者が「金の卵」と呼ばれて タダ社宅を与えられて イキナリ正社員で雇用されて クソ忙しいから 残業やり放題 社内預金は金利8% 銀行は 正社員には 住宅ローンや 自動車ローンを貸すし 女の子のお父さんは 娘の恋人が 正社員なら娘を嫁にやるから 中卒ホームレスが みるみる 正社員になって 結婚して 家を買って ローンを返し終わるころには 不動産価格は2倍に 値上がりして 資産数千万円の 中流階級に成り上がれた それが団塊世代が舐めた甘い インフレ円安360円の蜜です 結局のところ 円安3倍 1ドル360円 1人民元50円に戻して 日本産品のドル換算価格を 中國製品より安くして 世界商戦で 中国との競争に勝利して 中国に奪われた お客さんを奪還して 我々の社長たちを ウルトラ人手不足に追い込んで 労働売り手市場にしないと あなたの生活は改善しません 円高3倍とは 銀行家の円札束の価値が3倍あがって 「輸入品」の外国人の労働力の値段が1/3に値下がりして あなたの労働も1/3に 買いたたかれるってことで 円安3倍っていうのは あなたの労働の価値を含め 物価が3倍に上がり 銀行家の円札束の価値が1/3に下がる事なんで 銀行家や 老人の傀儡である 日本の左翼政党が 「円高3倍は 円の価値が3倍に上がる事」 と宣伝しているのに 騙されて 物価を1/3にさげては いけませんよ あなたの労働だって 物価の一部なんですからw

0

確かにマネーゲームw でも信頼度ゼロな殺処分したほうがイイ様なブラック経営者よりは、マネーゲームにせよ還元している投資のほうがマシですね。

1

そもそも、今の日本がデフレという考えが間違いです。 デフレとは物の値段が下り続ける事ですが、実際はどう でしょう?車などモデルチェンジ毎に価格は上昇し続け 庶民にとって高嶺の花になりつつあります。食品なども 価格は据え置いてますが、量は減らされ続け実質の値上 げが続いています。外食も全般的に値上してますし、送料 なども上がっていますし、各種サービスの利用料金も値上げ されています。これ等を検証すると今の日本はデフレでは ありません。弱インフレです。

1人がナイス!しています

1

この株高はバブル期のようなマネーゲームによるのもでなくインフレを見越した右肩上がりチャートの途中であり定着しますよ。 でかい隕石が衝突する、宇宙人襲来などのとんでもないこと起きなければ、日経平均3万円⇒1万円になることは二度となく、3万円⇒4万円の途中であると思います。 また、労働者に還元していないと言いますが、大卒初任給は確実に増えており、30年前に比べ受け取れる物やサービスは増えています。 サービス業や非正規の方は正規に比べ厳しい側面有るかもしれませんが、今の労働時間で飢えることなくスタバでお茶できて、安全に暮らせる国は少ないのではないでしょうか? どの時代と比べて貧乏になったと言っているのか分かりませんが、仮にバブル期と比べているとすれば、あの時代こそマネーゲームの時代であり異常な状況ですので、比べる意味ないと思います。 また、賃金が高い国は物やサービスも高いので、日本に比べ格段に豊かな生活とはならないと思いますよ。

1人がナイス!しています

株は金持の道楽で貧乏人には関係ないと思うかもしれませんが、政府もNISAやイデコなどさまざまな優遇策で投資しやすい環境を作っています。 今の日本に住んでいて投資できないなら、どこに住もうが一生できないでしょう。 また、資本主義の社会に生きていたら、好む好まずに関わらず投資しないと相対的に貧乏寄りになっていきます。 これからは、その傾向が顕著になりますので、まず投資の第一歩を踏み出した方が良いと思います。