回答受付が終了しました

ID非公開

2021/3/29 7:04

77回答

本の読み方について質問します。

読書60閲覧

回答(7件)

0

>>普通の人以上に時間がかかってしまいます どれくらいかかるかが検討が付きませんし どういう本を読むかで違ってくるので 一概に普通の人以上かどうかはわかりません 教養本は時間がかかるのが当然なので 速く読める人は基礎知識がある人になる >>頭の中で音読するかのように読んでいます これはしっかり読み込もうとするなら誰しもやります これで時間が多少かかっても 普通の人以上に時間がかかるとは言えません >>本を買っても途中でやめてしまいます 途中でやめるのは面白くないか 自分に合わない難しい本の可能性が高いので 読む本の選択がミスってる可能性があります 個人的な結論を言わせてもらうとすれば 本を読むことに対して 知識を付けるみたいな考えに固執しないほうが 良いかと思います 本を読むことをもう少し楽しんでください どんな本でも楽しく読んでそのついでに 知識が付くかもみたいなことです ただし読むだけで知識なんてあまりつきません 数か月後に忘れてるのがオチなので 小説だろうが漫画だろうがアウトプットしていれば 得られるものはありますので もっと楽しめる本を読んでアウトプットすることを おススメします

0

中途半端に音読するのでなくて、しっかり音読して読んではいかがでしょうか。音読はけっこう体力を消耗するので、悩むまでもなく、多くは読めません。メリハリがつくので、黙読するとはかどるのではないかと思います。

0

とにかく、どんなに時間がかかっても、何日かかっても一冊読み切る、という一大決心が必要です。遅くても気にしないこと。一度決めたら、何が何でも諦めないこと。 わたしは、1冊の文庫本を二年かかって読み切ったことがあります。全く慣れない初めてと言ってもよい純文学でした。全く面白くもなく退屈極まりない小説。読むそばから前の筋を忘れてしまうほどでした。しかし、この本は何が何でも最後まで読み通すのだ!と心の内に決めて、一字一句逃すまいとでも思うかのように、頁を行ったり来たりしながら読み通しました。 それだけに達成感は一入のものがありました。もう十年くらい経ちますが、今でも断片的にですがよみがえる場面が結構あります。 それまでミステリを中心に面白い本をずいぶんと読んできましたがただ読み流していた本は全く覚えていません。 これを機に、どのような本でも読み通す自信がつきました。むろんすべてとは言いません。これぞと思った本、今度こそはと思った本は完読しています。どんな長編であろうと。どんなに難しかろうと。 何か一つ事を成し遂げることは、必ず大きな収穫となります。気持ちが乗らないときは読まなくてもよい。自分のペースでよい。自分の読み方でもよい。読みたくなったときに、少しずつでも読み進めていけば必ずや読破できます。

0

基本、興味関心が薄い部分は流し読み又は飛ばして読んでます。 例えば、戦いの話がある小説だったら、私は戦闘シーンや戦術に興味が無く、勝敗だけ分かれば十分なので、流し読みしてしまいます。 学術書やハウツー本も、この部分は特に必要無いなと思う部分は飛ばしてしまいます。 読み方は人それぞれですから、自分が読みやすい様に工夫していけば良いのですよ。

0

無理して読まないって方法も 小説って人それぞれに好みがあります ラーメンのように味、スープ、麺、トッピング 若い頃は脂コテコテが好きだったけど、今はあっさりとか 小説も面白くないって投げた小説が、数年ぶり読んだら面白かったとかあります 経験と慣れ、自分の体調とかで変化してく 小説好きな人でも苦手なのは 流し読みしたり、止めたりしてるよ 斜め読みは要点のみを把握する程度の読み方 国語の文章問題を読む感じ