回答受付が終了しました

ID非公開

2021/4/2 22:04

33回答

ハウル動く城について

アニメ | 日本映画2,071閲覧

1人が共感しています

回答(3件)

1

映画の終盤でソフィーがハウルの過去に行く場面で、ソフィーがハウルとカルシファーに向けて「私はソフィー、未来で待ってて!」的なことを言います(正確なセリフは覚えていませんが…)。 なので好きという感情よりかは、子供の頃に「待ってて」と言われた謎の人物的存在のソフィーを「探した」のではないでしょうか。 ソフィーのコンプレックスについては、美しい母親と妹がいる中で、ソフィーはしがない帽子屋にいる地味な女性。これがコンプレックスなんでしょう。他の方も仰られていますが、自信が無かったソフィーを受け入れてくれたハウルによってソフィーは自信を付け、物語終盤では老婆の呪いがかけられたままでも若い姿を保てるようになったんだと思います。 ソフィーを探したことを直接本人に言わないのは物語が進む上での都合だと個人的に思いますが、詳しいことはわかりません…。すみません。

1人がナイス!しています

1

母が社交的で美しくて、結婚もして幸せそうです。それに比べて自分は地味でひっそりと帽子屋を営んでいる。そのためコンプレックスがあったと思います。 そんな自分を受け入れてくれたハウルを私も受け入れよう。という感じですかね。

1人がナイス!しています