今の時期コブ斜面では通常のビンディングの設定ですと誤開放しやすいですが、皆さんはコブを滑るときに整地と比べてどれくらい上げてますか?

スキー70閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(6件)

1

私は、コブを基準に整地でも緩めません。 ザラメのコブのほうが硬いコブより踏みやすく安定して滑れるような気がします。 整地では、中途半端に踏ん張ることがないので多少硬くても影響が少ないと思います。 派手に転んだほうが気持ちよく外れますね。

1人がナイス!しています

0

開放値は変更しないですね コブだからとかで変更するなら、ドライバーを絶えず準備しないといけないので、そもそも面倒かな、 ずっと8ですね

0

最近はコブ滑りませんけど 昔からコブ滑っる時に解放値をいちいち上げた事はありません。 私の解放値の歴史は8→3.5→5.5→6.0 ですね。 誤解放は滑ってる人がこんなところでどうして外れるんだって場合に感じる怒りですね。 解放値ってそれ以上の衝撃が加わって外れなかったら脛骨を骨折するギリギリのビンディング保持力。 コブ斜面の滑走が骨折の心配がないなら解放値を上げるのは理にかなってますが、それではリフト降りてコブ斜面に行く途中の平坦な斜面は怖くて私は滑れません。 コブ斜面ではビンディングが解放して怪我をするのは上半身。飛ばされてカチカチの凸に上半身を打ち付けると上腕、鎖骨、肋骨は簡単にポッキリ折れてしまいます。上半身プロテクターを装着すればそれが防げる。1万5千円出して骨折防ぐか、リハビリ含めて20万コース、全治2ヶ月の脛骨骨折を選ぶかは人それぞれ。 私は添付写真の上半身プロテクターを装着してビンディングは適正解放値にすることを選択しました。 【私のビンディング誤解の歴史】 ①平成になる前のマーカーM40の赤色トウピースで前方からブーツに力が加わるとトウピースが保持力フリーになる機能が付いた時。20cm程度の新雪を滑るとスキーのトップショベルに雪が当たった力で反応したのでょうね、急にスキーが脱落しました。これは困りましたね。この時の解放値は3.5。コブ斜面滑っても転倒しない限り外れた事はなかったです。 ②緩斜面に新雪が積もったところを滑ったら下がコブ斜面になってて圧雪してなかった。前日は雪が降り続いで圧雪が間に合わなかったと想像します。新雪が積もって見た目は平坦なので滑ってたらトップがコブにぶち当たってビンディングが解放。私は前に飛び出してコブの凸部で胸を強打しました。 この時の解放値は5.5。 【結論】 コブが見えるコブ斜面なら解放値はそのままでも転倒しない限りビンディングの吸収範囲で滑れて予期せぬビンディングの解放は私はありません。 理論的にはスキーに対してブーツを横に捻る力とヒールを持ち上げる力が働かない滑りをすればビンディングは最低解放値にしても滑走中に外れる事は無いと私は考えます。 例えばブーツのバックルを全部立てて緩めて普通に滑れる人ならビンディングの解放値を最低値にしても滑走中に転倒以外で外れる事はないと私は経験上思います。 ああ最後に一つだけ コブ斜面をスピード出して縦にバンバン滑ってるならビンディングに掛かる衝撃が一瞬の強いものですから適正値より強めにセットしても腓骨が折れる前にビンディングは解放すると思います。 しかしコブを横滑りと方向転換で滑っててゆっくりグニャって転倒したら膝の捻挫、脛骨骨折の前にビンディングが外れてくれるかどうかとても心配。

画像