ID非公開

2021/4/5 7:28

77回答

社労士と司法書士、今後必要になるのはどちら?

資格 | 起業279閲覧

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

その他の回答(6件)

2

ID非公開

2021/4/5 16:16

毎月定例業務があるかないかで、判断したらいい。

2人がナイス!しています

4

2019年4月25日(木)放送のNHK『クローズアップ現代+』にて、「 “AIに負けない”人材を育成せよ ~企業・教育 最前線~」という特集が放送されたことがありました。 https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4275/index.html その中で、2030年にはAI・ロボットに代わられてしまっている職業として司法書士がボードに掲載されており、その確率は78.0%とのことでした。 なお、社会保険労務士については触れられておらず、不明です。 こういった、メディアの報道も加味して参考にしておけば、ライフデザインも吉と出やすいのではないでしょうか。

画像

4人がナイス!しています

1

自分に合わなければ意味が無いのでやりたい方を取れば良いし、両方やりたければ両方取れば良いだけだと思いますよ。 その者個人の否定的な見解は、合格できない自分を慰める為に言ってることも多く目も当てられない見解だったら参考になりませんので、それは見抜けないと。

1人がナイス!しています

他の回答者でAIの話をされている人が居ますが、野村総研とオックスフォード大学の研究とやらで、社労士のほうがAI代替性が高いと言うやつですね。 こういうのは特定の立場で自分に都合の良い理屈を持ってきているだけの話で、例えば社労士はやっとの思いで獲得した毎月の定例業務なんて言うのもまさにAI化されるとか言われてしまうのでしょうね。

0

ID非公開

2021/4/5 8:38

両方とも必要な資格ですし、需要もあります。 社労士は企業に勤務しながら活かせるというメリットがあります。司法書士は事務所を開設すれば、それなりに仕事は舞い込んでくるメリットもあります。 登記は都心でも地方でも必ず発生します。所有権の移転、消滅、発生などは今後も需要は見込めます。 それよりも、現実的に難易度をまずは考慮するのが良いような気がします。 司法書士は勉強に専念しても4年以上は合格するのに時間を費やします。 社労士も難関ですが、司法書士ほどではありません。現実的になんとか手が届く範囲です。 その辺りを一度考えてみると良いと思います。下記は参考になります。 司法書士 https://moguchan.info/entry17.html 社会保険労務士 https://moguchan.info/entry24.html

0

いずれもそれほど有望ではない資格ですが、いずれかと言えば司法書士でしょう。社労士のクライアントは主に中小企業・事業者ですが、事業所数の減少傾向に歯止めがかかりませんし、多くの手続きがオンライン化されると業務量は減少することが想定されます。