回答受付が終了しました

紬の良さを教えていただけないでしょうか?

着物、和服86閲覧

回答(8件)

0

紬はお出かけ着ですね。 改まり過ぎるのが嫌だし、家からワンマイルなので博多座の歌舞伎は紬で行きます。 他の方が言われてるように手入れが楽で、家で洗います。袷も。 大島は生糸なので紬でも別です。今の時期は良いのですが。 とにかく着やすい、着崩れしにくいのがありがたいです。 この3枚、どれも紬なんですが、縞以外には洒落袋帯も合わせるし、どれも半幅帯で良いし、汎用性あるんですよ。 うち、徒歩15分圏に百貨店が3つあるようなところなのでちょこっと出かける時は紬に洋服のストール引っ掛けて出かけたりします。 あとは本塩沢とかも便利ですね。 あんまり寒い時には男物のひげ紬の羽織をコート代わりに着たりします。 色無地や訪問着を逆に着ないです。着る用事も無いですし。 59着物の綿や綿麻から着てみると良いかもしれないですね。「普段きもののtonton」さんってYouTuberさんがいらっしゃるんですが、そこのグループで集まったりする時、みんなカジュアルにまとめられてます。紬とはまた少し違いますが木綿も参考になるかと思います。

画像
0

紬でも明るい色やパステルカラーなどの柔らかな色目のものはありますよ。 洋服でいえば、垂れものはジョーゼットやシフォン、レースといったフェミニンな素材、紬はデニムやウールのスーツ、チノクロスのようなユニセックスな素材かな?と。 紬の魅力ですか…う~ん。「好き」に理由はないです(笑) 自分が感じる「魅力」がないのでしたら、無理して着なくちゃいけないものではありません。 そもそも、主さまの好みの質感ではないのではありませんか? 私は洋服でもユニセックスなものばかり着てますから、垂れものは違和感満載(笑) 逆も然りでしょうね。 ちなみに、紬は小紋より普段着です。

0

着る場所は普段着ですから、フォーマルな場面以外どこでも大丈夫です。 色柄によっては相性がありますが、幅広く着られますよ。 魅力について少し違った意見を述べるとすれば生地の表情でしょうか。 柔らか物にも表情はありますが、こちらは整ったそれで、紬はどこか荒さや雑味のある表情で大きな魅力だと思います。 普段淡い色の柔らか物をお召しでしたら、紅花紬の雰囲気は入りやすいのではないかと思います。 牛首紬も後染めが多いので、小紋のようにお召しになれるのではないでしょうか。

0

紬は大好きで着るのはほぼ紬、礼装やお茶の茶事納会初釜以外は、お正月も紬を着てしまっています。一番は着ていて楽、ちょっとした汚れならその場でハンカチやティッシュを濡らして染み抜きが簡単に出来る事ので、気を張らずに着ていられる事です。(昔、縮緬の着物を着た時は母に汚さない様にとよく言われたので、それが今も頭に残っていて。) 紬と言っても様々な雰囲気の紬があり、文字通りの普段着から山歩きに近いお花見・街着、礼装は無理ですが帯合わせでちょっとした華やかな集まりにも行けますし、食事や観劇と言った所にも行けます。 個人的に淡い色は好みでは無かったので、藍色や焦げ茶系の色も多いのですが逆に帯が映えます。様ざまな面白い素材や柄の帯にも合うので、帯合わせなどを考えるのも楽しい着物です。

0

紬にも白っぽい色、淡い色は多いですよ。 紬地に染めることもできます。 おそらく質問者様が見ていらっしゃるのは、昔の、しかもお高い物ではないかなぁと思います。 >そもそも紬を着る場所はどこなのでしょうか? 紬を着る場所はフォーマルな場所以外すべてです。 一口に「紬」といっても様々ですから。 織絵羽の紬であれば、礼装が求められるような場でなければ、ちょっとしたパーティでも使えます。 紬の後染めで無地に洒落紋などを入れれば、身内の祝い事くらいはOKという方もいます。 先のご回答に出ているような、旅行、観劇、美術館、レストランでのお食事、日常のお出かけに向くタイプの総柄や飛び柄も多いです。 逆に言えば、質問者様のお手持ちが訪問着と色無地とのことですから、そういった着物が求められるお茶席、祝い事の席には向きません。 そのような場での装いとして着物を重宝している方には、紬は向きません。 >紬の魅力を教えてください。 私にとっては、シックな色柄の魅力が一番です。 同じ淡い色合いでも、柔らか物とは質感が違います。 後は、着心地の良さですね。 ただ、魅力を感じるのって人それぞれですから、他人が何に魅力を感じるかをお聞きになったところで、質問者様が魅力には感じなくても不思議ではないと思います。 高価な物が多い割には、フォーマルな場には着ていけないものですし、魅力を感じないなら、それでよろしいのでは?