e-taxにて来年の白色申告で確定申告の準備をしています。 ネットで調べた手計算の償却費とe-taxの償却費が合わない為、相談させてください。

税金 | 不動産49閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

ID非公開

2021/4/12 1:55

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

良く分かりました。 ありがとうございました。 他の方もご返事出来る期間が過ぎてしまい、 お礼出来ずすみませんでした。 計算間違いの所も分かりました、 ありがとうございます。

お礼日時:4/18 1:16

その他の回答(2件)

1

>購入したのが2011.9月です。 平成23年(2011.9月)に購入で賃貸に出すまでの期間 =自己居住期間10年間は法定耐用年数の1.5倍の期間の償却率で減価償却します。 国税庁(No.2108 中古資産を非業務用から業務用に......) https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2108.htm 築30年で購入、この時点での法定耐用年数は17年 中古資産なので23年で減価償却。 非業務用なので34年の償却率で10年間を計算。 建物購入価額13,014,578円を年間390,438円の減価償却します。 13,014,578円ー390,438円x10年=9,110,198円 で、賃貸に出す(=業務用に転用)時点は築40年なので 「9,110,198円」を取得費として15年間で減価償却です。 令和3年分は4ヶ月なので「203,462円」が減価償却費となります。 以後は年間(12ヶ月)610,384円 が減価償却費となります。

1人がナイス!しています

0

定額法は取得価額に償却率を乗じて計算する方法。 あなたがやっているのは定率法の計算方法。 定率法は未償却残高に定率法償却率を乗じて算出する。 取得価額とは未償却残高ではないです。 当初いくらで買ったのかの金額。 未償却残高は定率法による減価償却費算定の基礎となる金額である。