回答(6件)

0

基本生まれつきです 頭の良し悪しは人生に余り関係有りません 良い学校に入れる位です 学校に入っても役に立たない人も居ます 頭の良し悪しより、頭の使い方です これは自分の努力次第です 政治家、弁護士、頭を悪用する人も居ます 意味有りません

0

頭の良しあし 賢い頭とは。 神経細胞は興奮するかしないか二つの働きしきかありません。 興奮は音の速さと同じスピードで、人による差異はみられません。 神経細胞の興奮する時間も極短く、人による差異はみられません。 (脳細胞の数も同じ、伝達スピード、興奮スピードも差はありません。) 刺激の伝達は一つの細胞から一つの細胞へという訳ではなく、 たくさんの細胞へお互い伝達しあっています。 140億の神経細胞はそれぞれが繋がっている訳ではなく、 神経細胞と神経細胞の間には隙間があります。 神経細胞は軸策という突起を出して互いに連絡しあっています。 (ニューロン) 連絡しあう場所にはほんの少しの隙間を作り、 他のニューロンと接しています。(この隙間がシナプス=接ぎ目) ひとつの神経細胞に1000~1万のシナプス、全体で100兆個あり、 しかし、これも個人差はほとんどありません。 脳に興奮と抑制の刺激を与えると、 ニューロンからシナプスにつながる化学物質が発生して、 繋がり易いネットワークが出来て初めて賢い脳が出来上がります。 シナプスの発生を促して、 ニューロンのネットワーク化が強化された状態が、 頭の回転がいいとか、賢い脳といわれる状態です。 脳の神経回路は可変的性質があり使えば使うほどよくなり、 使わなければますます使えなくなります。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

1

自分で考えるようにしてるか、 自分で考えないようにしてるか。

1人がナイス!しています

0

努力は誰もが等しく出来るものではありません。 よって頭の良し悪しは「努力の才能」で決まります。