回答受付が終了しました

ホームページを覗くだけでカメラが傍受されるサイトってあるんでしょうか?たくさんアクセスがあると思うのですが…?

ネットワークセキュリティ | ウイルス対策、セキュリティ対策40閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(3件)

0

ID非公開

2021/4/7 1:35

あります。対策: 1. 御使いのWEBブラウザ上でのカメラ拒否任意設定。 2. システム上でカメラ動作を拒否したければ、 ;ローカルポリシーエディタ(Pro↑)で設定。 もしくは、レジストリ値で設定。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Camera 3.秀逸なセキュリティソフトのWEBカメラ保護機能を活用。 4.スマートな対処方法では無いがカメラレンズ部分を、 必要に応じて物理的にON.OFF.

0

過去に外国製でPCの出荷時に、ホームページを覗くだけでカメラが傍受できるよう仕込んでありました。 なので、カメラの部分をふさいでおいてください。 音声は、どうやっても傍受するよう、仕込んであります。

0

ブラウザの脆弱性を狙って、カメラの制御の権限を奪い取って、カメラの乗っ取り....なんて可能性はあります。 ブラウザ(と、OSは、)可能な限り最新のモノとして、脆弱性は塞いでおくことが懸命です。 それと、Webを閲覧しただけで、権限を奪っただのほざいたりしつつ、カメラの撮影音をさせたりして、脅迫して来るような事例は大抵は詐欺です。 Webのソースとか見れば分かりますが、カメラの撮影音を記録した、音声ファイルを再生してるだけです。 こういう、詐欺に騙されないようには注意です ほんとに、カメラを乗っ取りされるよりは、こういうデララメ抜かして騙してくる詐欺の方が、圧倒的に多いでしょう。 閑話休題。 で、万が一、ブラウザやOSの脆弱性等を狙われたりして、カメラの権限を奪われて、カメラが乗っ取りをされた事も想定もします。 カメラが外せるとか、物理的なスイッチがあれば、使っていないときは外すか、オフにするとか、端末にカメラが内蔵されている場合は、カメラに、可動式のブラインド(シャッター)をして目張りをして、必要なときだけ、目張りを外すとか、そもそもカメラを使っていないなら、シールをはってレンズを塞ぐとかも、転ばぬ先の杖になりますね。 乗っ取りされても、最悪、盗撮は防げます。 また、ちょっと毛色は違いますが、そもそも、Webカメラを設置をしてるけど、その管理が杜撰とかで、設定ミス、あるいは、Webカメラのファームウェア等の脆弱性とかで、映像が世界中から自由に見えているはあるあるです。 Webカメラを運用する場合は、設定とか、ファームウェアの更新とかには十部に注意です。 今、ちょっとチラ見をしただけでも、外部から映像が見えるWebカメラは、国内には、1800台以上あります。 端から公開を前提とかなら問題ないけど、どこかの室内とか、あきらかなプライベート空間が見えているモノもあります.... 便利に利用する分には構いませんけど、使うからには十分に注意です。

①現実的に考えて、Chromeで覗いたカメラ(PC内蔵型)のアクセス権限を与えたページを見たことによって、ホームページ所有者に盗み見されている、というようなサイトってあると思われますか?(サイトにアクセスしたらサイト所有者にカメラを通じてこちらを見られているサイト、という意味です) ②また、PC内蔵カメラの横についてあるライトをつけずに、カメラを勝手に使われていることってあり得ますか? ③仮にカメラアクセス権限を与えてあるChromeのページを奥で開いたまま、別のChromeのタブを開いているとき、カメラは起動していますか?(Windowsです)