私は将来、アメリカでシンガーソングライターになりたいと思っている現在中学生3年生です。

ビザ54閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

分かりやすい説明ありがとうございます‼︎ ですよね...アメリカは日本よりレベルが高いので死ぬ気で頑張りたいと思います。ビザについても自分でももっとよく調べてみます‼︎ ありがとうございました!

お礼日時:4/18 21:46

その他の回答(6件)

3

芸術ビザに学歴は関係ありません。 今の時代、「アメリカで」歌手になるなどと区別するのが間違いです。 ネットで配信して、世界中からの評価を受けて人気が出れば、たとえ高校生でも、アメリカだけでなく各国のテレビ番組などから招待が来るでしょう。ビザは向こうが手続きしてくれます。 何十曲作ってあるのか分かりませんがませんが、SNSで上げてみてください。

3人がナイス!しています

2

「芸術家」は世界的なヒットがなければそんなに簡単にビザは取れないでしょう。「白人」でさえも昔でいえばビートルズとかU2とかジャスティン・ビーバーとかサイモン・コーウエル、フリオ・イグレシアスのレベル。それ以外は、最近は「よほど」のことがない限りこのカテでの就労ビザとか永住権は無理でしょう。 一番可能性があるのは大学のSTEM学科の修士以上を取得すること、それも米国の大学・大学院が優先。それ以外は医師、但し日本の医学部は大学レベルからなので米国の国家試験を受けるには不利、また英語の面でハンディがあるので米国の医学部(大学を卒業してから入学する学校)卒業生が優先。 文科系で可能性があるのは米国の弁護士(これも大学を卒業してから入学する)あるいは日・米両国の公認会計士(学士レベルなので日本の国際会計事務所からの「転勤」ビザが一般的には必要)。 結婚でというアドバイスもあるが、相手の収入が一定レベル以上である必要があると同時に「本当」の結婚であるかかなり厳しく調査される...

2人がナイス!しています

2

学生ビザ -> 行きたい大学や英語学校が決まっていないと、申請できない。受け入れ先の大学や英語学校が決まってから、学生ビザを日本のアメリカ大使館・領事館に申請する。 労働ビザ -> まず最初に雇い主が決まらないと、申請できない。雇い主が決まってから、労働ビザを日本のアメリカ大使館・領事館に申請する。 芸術家ビザ -> 日本での活動歴があって、それなりに実績がないと、申請できない。申請書類に、日本での実績を添付する必要がある。 結婚による永住ビザ -> アメリカ国籍の相手と結婚が決まり、結婚後にアメリカに住む場合に、(すでに日本で結婚手続きを済ませている場合には)永住権が、または(アメリカに渡ったら、すぐにアメリカ式に結婚する場合は)婚約ビザが、日本のアメリカ大使館・領事館に申請できる。

2人がナイス!しています

5

まずネットで英語で自作の歌を発信してみては? それを3年続けて芽が出なければその道はないでしょう。 同時に必死に勉強してアメリカの大学を受験して行けばいいのでは? 普通に就職活動して採用されればビザ降りますよ。

5人がナイス!しています

8

あなたには無理です。 アメリカで働きたいからビザをクレ、というレベルで出るビザなんぞはアリマセン。 そんなもんが有れば全世界から押し寄せてきます。 日本人が正式に取れる就労ビザは、日本の会社員が駐在員として滞在する為のEやLビザ。 もしくは「高度専門職」に対してアメリカの招聘企業から、アメリカ人よりも高い給料を出す事を条件として申請されるような専門家ビザ(Hビザ)の二つです。 四年制大学ウンヌンの話はそういった専門職であるという点からの条件の一つをクリアする程度に過ぎません アマチュアのシンガーソングライターなんぞではどちらも取り様が有りません。日本でデビューして日本の会社からアメリカ進出の為に撮ってもらうか向こうの会社に招聘されるかの二つだけ。 素人に出るような次元のビザでは無いです。 まあアメリカ人と結婚して配偶者ビザからグリーンカードへの移行が一番の近道ですね。 それとも最低数千万円を投資してアメリカで会社を作り従業員を雇って投資家ビザを取ってから、暇な時にパフォーマンスでもやりますか?

8人がナイス!しています