登山のテント泊の気温について教えてください。 ①標高1000mのスリーシーズン用 ②標高2000mのスリーシーズン用 ③標高3000mの夏

登山31閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました! 参考にさせていただきます!

お礼日時:4/12 18:30

その他の回答(3件)

1

結局個人差。 人によっては、マットの影響が大。 私は、真夏仕様で雪直前まで大丈夫です。

1人がナイス!しています

1

①〜③は一つのシュラフで大丈夫で、③に合わせて、夏の北アルプス縦走で使えるレベルのを買って下さい。 標高1000mたって、日本は南北に長いので緯度が違えば標高1000mくらいの違いになりますし、気温も千差万別ですから、③に合わせて、夏の日本アルプス縦走向けを買っておけば汎用性があります。 暑ければ、開けて使えば良いのだから。 そして余裕があればシュラフカバーを買って下さい。 日本アルプスの稜線まで登るのであれば、ほぼ必須だと思って下さい。 シュラフだけはぬらしてはいけず、雨が降らなくても結露でべしょべしょに濡れる→低体温の危険ってのがテント泊ですから モンベルのランク分けが判りやすいけど、シュラフカバーと併用であれば、ワンランク下でも対応はできます 但し、シュラフカバーがあるから暖かくなるわけではありません。よく、そういう人がいますがw (着込むなどして調整するんです。このあたりはどの程度の防寒着や下着を持っていくか、レイアリングしているか、で変わり、いずれ験則でわかってきます) ま、あとはネットなんか切って、登山専門店でアルプス縦走に使えるシュラフはどれかって訊けば良いです。

1人がナイス!しています