pixivで二次創作をしているのですが、訳あって小説の続きを私は書けなくて…。

補足

有料であればいいと思うのですが、無料でと思うとやっぱり失礼ですかね…?

pixiv41閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん、鋭いご意見ありがとうございました! どれもいい意見でしたので、最初に回答してくださった方に。

お礼日時:4/8 21:45

その他の回答(2件)

1

pixivだと、「続きを書いてもいいのよ」なんてタグがあります。あんまりにぎわってないタグなので効果があるか分かりませんが、不特定多数の人が書いていいなら、そういうタグをくっつけて、途中までの小説をUPするという手もあります。 あと「プロットを小説化」って企画目録もあります。終わりまでのプロットだけは決まっているならこっちのタグでもいいかもです。やっぱりにぎわってませんが。 書いてくれる人が出たらもうけもの、くらいの気持ちで、そういうタグ付けたり企画に参加したりするのも手じゃないですかね。詳細はタグ検索して、目録見たりして確認してください。 特定の個人に書いてもらいたい、ということだと、よっぽど仲がいい人じゃないと難しいと思います。でも仲のいい人とプロット交換とか、リレー小説なんて企画自体はよくありますよ。お互いに途中で投げ出した小説交換して書き合うとか、普通に楽しいと思いますけど。気が合う人が同ジャンルにいればですが。

1人がナイス!しています

1

失礼かどうかという以前に、自分の作品の続きを、誰か別の人に書いてもらって、その作品に何の意味があるのですか? 質問者様が商業ベースでお仕事としてやっているのなら分かります。 出版社との契約もあるし、すでに印刷所も確保済み。予算が組まれて、人材も動いているので、ここで自分が続きを書けないとなると、いろんな人の迷惑がかかるし赤字にもなる。 そういう話なら分かりますが、趣味でやられている二次創作活動ですよね? 趣味でやっているのなら、自分が携われなくなったら、そこまで。内容が中途半端でも終了です。 みんな、自分が好きなモノを書いていたのですから、わざわざ他人の作品の続きなんて書きたいと思わないです。 強いて言うなら、質問者様の作品のファンの方なら、、、というところでしょうけど、「自由にどうぞ」と言われても書く人はまずいないように思います。

1人がナイス!しています

なるほど…たしかにそうすぎますね。 意見ありがとうございます。 私がその設定の続きを見たい、みたいな自己満足だけで巻き込んでしまうのは身勝手ですね。