新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

台湾外相(外交部長)の発言からすると米国の分析で6年と言わず中国の台湾侵攻が差し迫っているのでしょうか?

ミリタリー | 国際情勢33閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

>「西側の臨戦態勢が整う前に」 6年先も20年先も、今と同じですよ。 (「西側」って……) 各国の軍隊は常に有事に対応可能な状態にあります。時間が先でなっても出来る事と出来ない事はそうは変わりません。コロナが流行っていようが戦争となれば軍はしっかり働きます。 習近平はバカではありません。「弱っているところを」などの適当な軽い判断はしませんよ。