Windows7の

Windows 731閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答、ありがとうございます。

お礼日時:4/7 22:09

その他の回答(4件)

0

推奨はパソコンの買い替えです。 Windowsなんかに依存しているのであれば Microsoftが案内するまま、Windows 10搭載パソコンを買うのが基本です。 同じように、マカーは従順にAppleに従うように指導され 彼らの信心に支えられて、MicrosoftもAppleも 世界有数の大企業へと成長してきたのです。 結果的に、競合するOS/2やB-TRON系OS、BeOSなどが 市場から消えていきましたし 健在のLinux系OSはFreeBSDなどを使うことはできても 市販ソフトがほとんどありませんから WindowsやmacOSからの移行が不可能の場合があります。 独占では無いものの、市場が寡占されることで ソフトウェアベンダーのほとんどは WindowsとmacOSにだけ対応するのが精一杯で シェアの低いOSは、商業的には成り立たなくなり Linux系OSやFreeBSDなどは、OSSとして開発されたソフトで それなりの環境を構築することができますが WindowsやmacOSで使っていたソフトから OSSの何かへと移行することができなければ無理があります。 大衆がMicrosoftやAppleに迎合してきた結果 まぁ、IEはあたりまえにLinux系OSでは使えませんし Firefoxが、たいていのLinux系OSの標準となっています。 Chromium Browserも使えますし OSSではないChromeもありますから IE汚染やQuickTime汚染が過去のものになった今 ウェブブラウザーさえあれば済むという範囲では Linux系OSでも、わりとなんとかなったりするんですけどね。 ただ、Windows 7時代のPCでもピンキリ 性能差も10倍くらいありますから 私なら、軽量版のXubuntu20.04LTSを試してみます。 Linux系OSはOSSの特徴を活かし、GUIの選択肢が広く 3桁におよぶ派生OSがありますが Xubuntuなら、2009年頃の廉価製品でもそれなりに動き また地味ながらわかりやすいGUIデザインで試しやすいOSです。

0

そんなもん会社に言うべきb(^-^ サポートが終了した脆弱性のあるOSでインターネットに接続する危険性を認知していなければ、残念な会社です。 既出のedgeに乗り換えるか、外部ブラウザとしてのGoogle Chrome,Fire Fox,Operaなどを導入することで一時的には回避できます。 ただし、それらのブラウザもサポートが終わったOS用のブラウザをいつまで提供できるかは正直言って分かりません。 需要が無ければ、外部ブラウザもいずれサポートを打ち切ります。 それまでにWindows10に乗り換えるか、新しいパソコンに入れ替えをしてもらうしかありませんよ。

0

使用継続O.K.成り。 標準十一版なら十分現役成り。 又後発のエジも利用可能成り。 標準十一版から機能退化大御薦めしない成り。 この回答は第一線現役WindowsVistaで書いてます。

0

抑々、Windows7でネットへの接続が非推奨 故に、最新のWebブラウザは提供されない 無料Linuxでも入れて延命すれば済む話。