真空管ラジオについているスピーカーの黒い紙状のところが劣化で破けているので

ベストアンサー

0

>裏側の四角いところ アルニコマグネットタイプですね。今はもう無いのです。 ヤフオクを見てみますと三菱のP610が出ていますが高いですね。 フェライトマグネットタイプは、高出力タイプになっていますが、ラジオで使うとなると・・・音も小さい。少し前の製品ではフェライトマグネットタイプでも出力の小さいものがあったのですが・・・。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答有難う御座いました。参考にさせて頂きます。

お礼日時:4/14 9:27

その他の回答(8件)

0

真空管ラジオのスピーカーですが、レストアと書かれていますので、音が出ればOKではないものとして回答書きます。 レストアしたい まず、スピーカーですがレストアする場合は、スピーカーを止めてあるネジの位置が重要かと思います。 真空管ラジオ用6.5寸(16センチスピーカー)を入手されれば、穴位置はまず同じと考えていいでしょう。 次に形状ですが、写真の上の方が、真空管用、最近の物は、マグネットが大きくて、丸いのががっつり付いています。 どちらでも音は出ますが、下の形は、音圧レベルが低く、真空管ラジオに使うと、ボリュームを上げないと同じ音量になりません。(音は出ます) また、真空管ラジオ用(上)は、コーンのエッジが軽く、中域の音が聞きやすく、すっきりした感じがしますが、真空管式に、下のようなスピーカーを付けると、最初は低音が伸びた感じがしますが、クリアな音が出ず、聞いていて疲れます。(これは、真空管式ラジオは真空管アンプとは違い、十分なドライブ能力が無いために、仕方がない事だと思います。) ですので、交換されるなら、上の形で、16センチスピーカーを選ばれるといいです。 さらに、コーンの破れたスピーカーには、出力トランスが乗っているのではないでしょうか。 スピーカーだけ交換されるなら、そのトランスを載せかえるためのねじ穴の位置も重要になります。 ですので、上半分の写真のように、トランスが乗ったものを買われるといいです。 その、トランスの話でさらに追加ですが、 トランスの一次側が、昔のですと、3K,5K,7K,12K等があります。 その値は、ラジオの真空管終段の球で決まっています。 それも、合わせる必要があります。 (ラジオの型番、または、使われている真空管を記載していただければ、正確に何Kとお答えできます。) ちなみに、写真の上のスピーカー、オークションで購入しました。 1500円から3000円ぐらいで、時々出てきます。 もし、音が出ればOKの場合 一応スピーカーの形は、上の形状のもの。 インピーダンスは、出力トランスと合えばOKなので、例えばスピーカーが8Ωならば、出力トランスの2次側が8Ωであればいいだけです。 トランス事交換すれば、スピーカーのインピーダンスは問題なくなります。 ただし、1次側のインピーダンスは合わせる必要があります。 トランスは新品で、1800円から3500円程度で、販売されています。 ただ、この場合、ラジオのキャビネットに収まるか否かは別の話です。 私は下記でも井戸端会議?やってますので、お困りの際はどうぞ。 https://8252.teacup.com/jh4abz/bbs/?

画像
0

破れている部分に欠損がないのなら、少々湿り気を与えて形を整えた後、裏から麩糊と薄い和紙で補強すればいいと思います。 欠損があるなら、厚手の和紙をちぎって欠損箇所に当て、上と同様に補強します。 色味は、、、不祝儀用薄墨はどうかしら?

0

どの位の範囲で敗れているかにもよりますが、数cm程度でしたら私でしたらセロテープを貼って修復完了です。 音が悪くなる、ですって・・・・、コーン紙を適当なモノに張り替えた方がよっぽど音が悪いでしょうし、そもそも音質を云々するモノか、と言う気もします。