介護の経験者にお伺いします。 大人用おむつ(テープタイプ)に使う 尿とりパッドなんですが、 いろんな吸収量のモノがありますが

福祉、介護 | シニアライフ、シルバーライフ50閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

やはり10回分のパッドは需要があるんですね。 夜間だけかと思いましたが、日中の長時間の移動もあるんですね。 よく聞かれるのですが、私には介護の経験がないのでこのような場で経験者の方の意見が聞けるのは大変嬉しく参考になります。 皆さん、ありがとうございました。 またよろしくお願いします。

お礼日時:4/14 23:35

その他の回答(4件)

0

若い方の一時的なおむつ利用であったり、車椅子の方だったり、おしっこが多い、っていう状況はあり得ます。

0

そう言う事です。

寝たきりになると痩せてきて おむつのサイズが合わなくなって すき間から漏れると聞きました。 その対応策として 大きめのパッドを敷くのかと思ってました。

1

夜間、介護する人間も、休みたいからです。それと、布団、シーツを汚さない為でも、有ります。

1人がナイス!しています

2

尿量は人それぞれですので、少ない方から普通、多い方もいます。 大きいパットは夜のオムツ交換が難しい方や(家庭)、長距離のお出かけ(遠距離病院の入退院など)でオムツ交換が困難と予想される場合で使用します。 ただ、皮膚の弱い方は蒸れた状態で長時間オムツ交換しないでいるとかぶれたり褥瘡(床ずれ)の原因となりますので、通常ではあまり使用しない事をおすすめします… 大変だとは思いますが、こまめなオムツ交換が床ずれや感染を防ぐ一手でもあります。 なお、床ずれを更に予防するならエアーマットを使用しかつ、2時間に1回上、左、右と体位交換をしてください。 座布団などを背中に入れてください。 褥瘡が出来やすいのは 骨盤、仙骨、踵、踝などの骨が突き出た部分です。 特に仙骨部はオムツのかぶれも加わると皮膚が弱くなりリスクが高まります。

2人がナイス!しています