ID非公開

2021/4/9 2:50

77回答

最近、パチンコ屋さんの客が減ったのはタバコが吸えなくなったからでしょうか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

大勝ちできる台が無くなってきたからですね。 パチスロで言えば 吉宗や北斗の拳(2代目まで) パチンコで言えば ガロの4代目辺りでしたら、半日で10万超えもよくありました。 1ヶ月、ガロで勝ちまくらせてもらった時は、何故か100満以上稼ぎました。 でも、一昨年辺りから止めました。 勝てないのに金を使うのは馬鹿ですよ。

0

禁煙になったのはあまり影響は無いですね。 電子タバコなら打ちながら吸える店もかなり増えました。 iQOSの販売員が入口でiQOSを売ってるのも見かけます。 単純に、打つ金が無い人が増えたからだと思いますよ。 後は、スロットが6号機主流になってきたのでやらなくなった人も増えたと思います。 禁煙とかコロナ禍とか、パチンコ依存症または予備軍にはそんなの関係ないでしょうね。

1

多少はあるぐらい。だって依存症は吸えなくても行ってますよ。 もちろん喫煙所にいる事が多いが・・・・ でも 今は加熱式エリアの店もあるからそんなに影響はない。 同時にコロナ禍だから・・・と言うのもない。そんなの負けた奴が「コロナのせいで・・・」と言い訳するだけ。 パチンコもパチスロも魅力ある機種がないと言う事。 ましてや游タイム機種が多い為店も釘を締めざるを得ない。 客よりも本当は店が一番被害受けてるかと・・・・ ただ 営業するためには仕方ない。だから納得出来ないなら行かなければいいだけの話。 なのに行って負けて愚痴ってもねぇ・・・・

1人がナイス!しています

2

面白くなくなったからでしょう。 どんどんギャンブル性が抑えられてきてますからね。

2人がナイス!しています

1

釘だけで判断しても渋い調整ばかりだからです。 コロナ前までは打てる台置いている店が30店舗はあったのに対し今は5店舗くらいまで減っています。なじみの従業員(バイト)もいなくなった店もありますし(再雇用して補充はしているようです)相当厳しいのではと思います。 禁煙化、コロナ、もともと右肩下がりの業界、台の規制(これに関しては改善しつつあります。スロットはどうなるのか)、これだけ負の材料があるので厳しいといえば厳しいでしょうね。 遊戯場としてコロナに関しては最も有利に働いているはずですので考え方によってはチャンスであるとも思います。

1人がナイス!しています

お客さんで飲食業営んでいる方とかも相当数いたのではとも推測されます。この辺はコロナで大打撃ですのでこの辺の客層が飛んだ可能性もあります。