FXでトレーダーが勝つと、FX業者は損をするのですか?

外国為替、FX | 資産運用、投資信託、NISA92閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

2

その通りです。FXは株とは違って仲介取引ではなく相対取引です。客と業者の利害が相対する取引です。 ○ FXは金融商品取引法に定められた取引で、業者は法律に従い取引を行い、「契約締結前交付書面」で「FXは、相対取引、差金決済、会員向けのレートはカバー銀行などを参考に業者が独自に作成している、金融商品取引法第二条22に基づく取引」と説明責任を果たしている。この説明が不十分だと、同法第三十七条の三、第四十条の二に違反する恐れがあるので、業者はちゃんと説明しているはずです。 金融商品取引法第二条22抜粋 この法律において「店頭デリバティブ取引」とは、金融商品市場及び外国金融商品市場によらないで行う次に掲げる取引をいう。 一 売買の当事者が将来の一定の時期において金融商品及びその対価の授受を約する売買であつて、当該売買の目的となつている金融商品の売戻し又は買戻しその他政令で定める行為をしたときは差金の授受によつて決済することができる取引 。 ●株は、取引所取引、直物取引、仲介取引、受渡決済、価格は取引所での価格、取引手数料が収入源、 は、店頭取引、デリバティブ取引、相対取引、差金決済、価格は業者が独自に作成、客の損した分が業者の収入、 これ等の言葉が分かると「FXは合法のみ行為であり、会員の損した分が業者の利益になるので、パチンコと同じ、金を払って遊ばせて貰う、ギャンブルだ」という事が分かるはずです。 ○ スプレッドの差が業者の利益になる、と言うのは間違え。 理由1 買ってすぐ売るとスプレッドの差があって会員は損する、との説明。これは、会員の損した分が業者の利益になる、という点では正しい。しかし、すぐにではなく、少し待って会員の利益が出てから売ろうとする。すると会員は儲けて、業者は赤字。なのでこの説明は不可。 理由2 業者は他から100円で買ってきて、会員に100円10銭で売り、10銭が業者の取引手数料になる、との説明。 FXは仲介取引ではなく相対取引です。相対取引とは== (1)個別の会員と業者とで取引が成立し、第3者は関与しない。カバー銀行、同業他社、インターバンク、マリーなど関係ない。インターバンクは一口100万ドル単位であり、FX業者は直接参加はしていない。必要ならカバー銀行に取引手数料を払って取引する。(株は仲介取引) (2)個別の会員と業者とで取引条件を決める取引。100円で買う人、100円10銭で買う人が出るかも知れない。それは業者が個別の会員に違ったレートを配信するから。つまり、常に税員に同じレートを配信するとは限らない取引。(法律では「店頭取引」と表現。株は「取引所取引」) (3)個別の会員と業者との利害が相対する取引。会員の儲けは業者の赤字。会員の損は業者の収益。 つまり、FXは業者は会員以外とは取引しない。他から外国為替を買ってくることはない。なのでスプレッドの差が業者の利益になることはない。法律では「金融商品市場及び外国金融商品市場によらないで行う取引」とある。DDもNDDもない。 理由3 差金決済(株は受渡決済)とは実際には売買しないで、売ったつもり、買ったつもり、で決済取引の後に差額をやり取りする取引。もし、実際に取引するとなると業者は多額の資金を要する。 会員が証拠金100万円入金すると、会員は2,500万円相当の外国為替、通常8種のどれかを空売りすることができる。業者は2億円相当の外国為替を瞬時に用意しなければならない。もし会員が1か月取引をしなければ、その資金を寝かせて置くことになる。金利負担だけでもバカにならない。そんな資金効率の悪い商売をするはずがない。 ○ 法律と「契約締結前交付書面」に基づく取引とは== 業者が「米ドル100円で買いませんか?」とのレート配信にA会員が「1万ドル買います」と応じると、業者はその注文を呑み込んで、他に取り次ぐことなく、その注文を記録するだけ、決済注文で「1ドル101円で売りませんか?」にA会員が応じると、初回取引と決済取引の差額、1万円がA会員の口座に振り込まれる。この間、A会員は1ドルも受け取らないし、業者は1ドルも用意する必要はない。つまり、業者は日本円だけで商売して外国為替は扱わないで商売できる。これが取引の実際。 同じ時、米ドル100円で買ったB会員がなかなか上がらないので「1ドル99円で売りませんか?」に応じると、差額がB会員の口座から業者の口座に移る。同じ時に101円で売る人、99円で売る人が出ることもある。業者が個別の会員に違ったレートを配信することがあるからだ。それを「店頭取引」とか「相対取引」と言う。 これが法律と「契約締結前交付書面」に基づく取引です。 ○ FXの仕組みを説明する時は、金融商品取引法第二条22と「契約締結前交付書面」を読んで下さい。大切な事が書かれています。例えば「レート操作」。業者は、会員向けのレートは業者が独自に作成している」==「レート操作している」と説明している。 〇当社が会員ページにおいて表示している店頭外国為替証拠金取引に係る各通貨の価格は、インターバンク市場に参加している当社のカバー取引先から提供される最新の価格を参照し、当社がお客様向け取引レートとして算出したものです。(GMOクリック証券) 〇当社のFX取引サービスはお客様と当社の相対取引であり、取引所取引ではありません。当社では、複数のカバー先からの配信レートをもとに当社で生成した独自のレートをお客様に提示しています。そのため、当社が提示するレートは、カバー先や同業他社が提示している為替レートと必ずしも一致するものではなく、市場レートや他社の提示するレート等と大きく乖離することがあります。お客様は当社に対し、外国為替市場の外国為替レートに基づいて当社が提示する外国為替レート以外のレートを主張できないことをあらかじめ承諾するものとします。(ヒロセ通商) 〇FXブロードネットはお客様と当社との相対取引であり、当社の信用状況によっては損失を被る危険性があります。また、当社が提示する為替レートは他の情報(テレビやインターネット等)とは同一ではなく、不利な価格で成立する可能性もあります。(FXブロードネット) 〇当社がお客様に提示するレートは、当社の取引提携金融機関から配信されたレートをもとに、インターバンク市場の実勢レート等を考慮した当社のレートです。当社がお客様に提示したレートは、原則として約定拒否することなく約定いたします。(マネーパートナーズ) ○ 詳しくは下記リンク先をどうぞ。 ◎趣味の経済学 FX、金融商品取引法に基づく合法のみ行為 http://www7b.biglobe.ne.jp/~tanaka1942b/fx-4.html FXは投資・資産運用の手段にはなりません。Yahoo!ファイナンス が選んだベストアンサーの中にもその趣旨の回答が数多くあります。これらの回答が間違っていると大変。Yahoo!の信用はガタ落ち。なので十分自信をもって選んだでしょう。信頼できると思います。 ◎FXで勝っている人は全体の6割も占めているのに、どうして1割しか勝てないというデマが流れているのでしょうか? https://finance.yahoo.co.jp/brokers-hikaku/experts/questions/q10239638760 ◎国内業者の場合は、 スプレッドがかかるだけであって、 スプレッド以外の手数料なんて取られないですよね? https://finance.yahoo.co.jp/brokers-hikaku/experts/questions/q11232570691 ◎FXでかなり損している人がいるようですが、その分FX会社は儲けているということですか? https://finance.yahoo.co.jp/brokers-hikaku/experts/questions/q11221326921 ◎客の損は業者の儲け? https://finance.yahoo.co.jp/brokers-hikaku/experts/questions/q11217715451

2人がナイス!しています

0

ちょっと長い回答になりましたが、最後まで読んでいただければFXの仕組みがわかるので、ぜひとも読んでいただきたいです。 トレーダーが勝つと、業者が損をする取引を相対取引と言います。たぶん、バイナリーオプションは、客と業者との間の相対取引だと思うので、客が勝つと業者の負けになります。 しかし、FXには、NDD方式とDD方式があります。 NDD方式は、海外FX業者が採用していて、例えば客がFXの画面の買い注文を、ドル円で10万通貨分押したとします。すると、海外FX業者は、客が画面で押した、ドル円での10万通貨の買い注文をそのままインターバンク市場に流します。だから、海外FX業者は、客とインターバンク市場をつなぐ仲介役であり、インターバンク市場のレートが上にいこうが下にいこうが利益も損もしない仕組みでやってます。仲介手数料のスプレッドだけ利益になります。 客が買いボタンを押すとレートは上がり、別の客が売りボタンを押すとレートを下げるので、客と客との勝負になってきます。 一方、国内FX業者はDD方式を採用しています。 海外のように、客が買いボタンを押してもそのままインターバンク市場に流しません。 そうしたら、相対取引となり、客の損が業者の儲けになります。しかし、国内FX業者は、反対の客が大きな利益をだし、業者が倒産するような事態を考えています。それで、指定のカバー先金融機関を持っていて、カバー取引というのをやっています。カバー取引とは、客がドル円で10万通貨の買いボタンを押すと、10万通貨の買い注文をカバー先金融機関に流します。カバー先金融機関は、その注文をそのままインターバンク市場に流します。だから、インターバンクレートを上げます。 したがって、国内FX業者が採用しているDD方式でも、結局は客の注文をそのままインターバンク市場に流すことになります。DD方式だと、中間にカバー先金融機関が入りますが、結局はインターバンク市場に流すので、ある客が買いボタンを押すとレートを上げ、別の客が売りボタンを押すとレートを下げるので、客と客との勝負になってきます。世界中のFX業者は、FXでの注文をインターバンク市場に流すので、インターバンクレートが上がろうが下がろうが利益にも損にもならない、単なる客とインターバンク市場をつなぐ仲介者の役目をしています。スプレッド分の仲介手数料で儲けているだけなので、「FXトレーダーが勝つと、FX業者は儲けも損もしない」仕組みで営業しています。「あるFXトレーダーが勝つと、別のFXトレーダーが損をする」だけです。

0

顧客が勝とうが負けようが、業者側はスプレッドで利益を 得ています。 勝った場合は、その裏で誰かが負けています。 負けた人のお金が、勝った人に入っているわけです。 一部のFX業者でストップ狩りという行為が行われているとか いないとか‥。 これは逆指値(損切り設定)をしているポジションを強制的に 狩りにいって、そのお金をFX業者がもっていくらしいですが、 これは本当かどうかわかりません。