渋沢栄一著『算盤と論語』。この書籍について感想・レビューをお願い致します。

読書 | 文学、古典16閲覧

ベストアンサー

0