回答受付が終了しました

ID非公開

2021/4/12 4:27

55回答

間4ケンってなんですか?

麻雀45閲覧

2人が共感しています

回答(5件)

2

例えば2457と持ってたら、2と7を捨てて3-6待ちになり27の間が4つ空いている3-6の危険度が高いってことです。 ただし、先にツモれてそこがテンパイ時の待ちにならないことも多い。 テンパイ近くなってから 3446から6→4と捨てた2-5 4457から74を捨てた3-6 が危険なことが多い感じはするけどね。 こういうのを跨ぎスジと言い、これまたより危険度の高い牌と言われます。 4かもう1つの対子をツモって暗刻になった場合、344の3や445の5を捨ててもテンパイするから、こういう所を残したくなります。

2人がナイス!しています

3

ネットゲームなら関係ないでえ

3人がナイス!しています

3

統計上、危険度に関して他と大差がつかない、という結論が出ていますので、名称等に関してはこれから覚える人にはいらない知識です。昔(かなり長い期間)は間4軒が最も危険で捨て牌読みの基礎知識のように扱われていました。現代ではその他の「裏筋」と区別して覚える必要はありません。

3人がナイス!しています

ちょっと言葉足らずでした。 「スジ」「裏スジ」「跨ぎスジ」などを理解していれば、裏スジが2つ以上重なる「間4軒」という名称や意味を理解しなくても支障はありません、という意味で回答しました。 例として、リーチ直前に切られた①の裏スジ②-⑤牌とそれよりも少し前に切られていた16の間4軒=2-5牌とを比較して、昔なら間4軒の2-5牌が一番危険と考えられていました。現在はそれだけの情報なら②-⑤牌も2-5牌も「等しく危険」(むしろ直前に切られた裏スジ牌の方が若干危険)と考えられており、間4軒を殊更危険だという考え方(どちらかの牌を切らなければいけないなら間4軒の牌より裏スジ牌を切った方が通りやすい、といった考え方)は廃れました。

4

間四軒(あいだよんけん)と読みます カン張の場合効率が悪いので 暫く待っていたらうまく両面に変化した時 そんな場合の捨て牌からその聴牌を想定するものです 右側捨てられた牌→聴牌の危険牌 1・6→2・5待ち (1・3と2枚持っていても6は捨てても、4を自模れば1を捨てる) 以下同じ 2・7→3・6待ち 3・8→4・7待ち 4・9→5・8待ち

4人がナイス!しています

3

例えば、134と持っていると、2や5が来ても34と有ればカバーできるので1を捨てる場合が多いですよね?このように1を切ってると25が受けに残っている可能性が高い事から、1の「裏スジ」と言って25が危険な場合が多いと言われていて、同じく346なら6切る事が多いので、6の「裏スジ」で25が危険と言う事で、1と6が切られて、裏スジが両側から重なっている事を1と6の間が2345と4牌の間が空いてるので、『間四軒』と言います!

3人がナイス!しています