6205ミニチューブとはどのようなものですか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました

お礼日時:4/17 5:17

その他の回答(2件)

0

ギター、ベースカテゴリーが相応しいとは思えんのだが・・・ MT管(Miniature Tube)規格で 6205 を付された球って無いんじゃない? サブミニチュア管(Subminiature:ポン日で略すとサブ管とかサブ球とか呼ばれている)だと存在するけど。 サブ球の 6205 だと、ラジオとかミサイルとかにも使っていたようだけど、音声帯域だとマイクプリアンプにも使用例は無くは無いみたい。 http://m-audio.jp/sputnik/ http://www.midi.co.jp/~tamesuke/diary/?date=201210 Groove Tube が音声帯域管扱いで扱っているみたいだけど、出所どこなんだろう・・・(笑) う~ん、敢えて頑張って使うものかというと・・・好き者が、興味の赴くままにというならわからんでもないが。

0

規格表は公開されています。いくつものメーカーから発売された真空管です。例えばシルバニアの場合、 https://tubedata.jp/sheets/137/6/6205.pdf に書かれています。 その資料の5ページ目左上のデータを見ると、ギガヘルツに近い周波数までのデータが記載されています。配線の引き回しで発振しても、広帯域オシロスコープでなければ分からない周波数になることもありうる真空管です。オーディオ用とか、楽器用の真空管ではありませんから、きちんとしたメーカー品に組み込まれているならまだしも、機材の自作に用いるのはやや難しいかと思います。