そろばんの繰り上がりのある足し算をする際に使う、 足し算の九九の種類、使い分けについて質問です。

習い事 | 算数65閲覧

ベストアンサー

0

ちなみに、 +6、+7、+8、+9の場合、 ①と②だけではできないものもありますね。 例えば5+8のような場合 +8の場合、2を取り10を入れる ですが、5から2を取ることができません。 この場合、 ②の引き算のパターン(5の繰り下がり) -2の場合、3を入れて5を取る のあと10を入れると言う事になります。 これが頭で考えるとややこしくて混乱してしまうパターンですので 5+8の場合の+8は「1珠3つと5珠一つ」ですから 5+3+5と考えるとやりやすいと思います。 6+6、7+7、5+9なども同様のパターンで 6+6 は 6+1+5 7+7 は 7+2+5 5+9 は 5+4+5 という感じになります。 私自身もそうでしたが、瞬時に判断できるようになるにはたくさん練習するしかありません。 がんばってください^^

その他の回答(1件)

0

123456789+1の場合...4+1が②、9+1が① 123456789+2の場合...34+2が②、89+2が① 123456789+3の場合...234+3が②、789+3が① 123456789+4の場合...1234+4が②、6789+4が① 123456789+5の場合...56789+5が① 123456789+6の場合...456789+6が① 123456789+7の場合...3456789+7が① 123456789+8の場合...23456789+8が① 123456789+9の場合...123456789+9が① つまり +1~4のときは... その数、そのまま入れる→入れられない→玉5入って無②、有① +5~9のときは... その数、そのまま入れる→入れられない→① ☆上記で、計算してみてください。できると思います!!

ご回答ありがとうございます。 >+1~4のときは... その数、そのまま入れる→入れられない→玉5入って無②、有① ここでいう、+1~4というのは、 〇+(1~4のいずれか)という意味で合っていますか? 〇の数字も1~4でなくても大丈夫なのでしょうか? 4+1なら、確かに初期値4には+1は出来ないので 5を入れて4を取れば成立すると思いますが、 式の初めに来る数字〇が大きい数の場合、 例えば9+4という時も、 そのまま+4入れる→入れない→5を入れる→既に5有るなら①の九九?10を入れて5を取るという意味でしょうか?