自動巻きの精度についてお伺いします。

補足

すいません、プラスとマイナスを間違えてました。ゼロに近づくと遅れる感じです。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

分かりやすい回答ありがとうございます、時計って本当に奥が深いですね!勉強になる事ばかりです。 他の回答者様もありがとうございました。

お礼日時:4/17 5:37

その他の回答(5件)

0

既にご回答もあるので蛇足ですけど。 ゼンマイは、巻き上げ量の違いで、得られるトルクに差が出ます。 これは、仕方ないと言えば、仕方ないことです。 昔のカメラだと、連写用のモータードライブが登場する以前だと、モーターではなく、ゼンマイ駆動でフィルムを自動送りしてましたが、写し始めは快調にフィルム送りしますけど、後半になると、ゆっくりに.... 現在だと、1秒で、どれだけ撮影できるか、厳密な制御をさえていることと比べると、まあ、なんともアバウトですね。 自動巻きだと、ゼンマイの巻き上げ量をユーザーで制御がしにくいですが、手巻きだだと、ゼンマイを巻くタイミングが選べます。 ゼンマイを巻き上げたとき、解けてきたときで、日差があるなら、これを利用して、遅れたら進ませる、進んだら遅らせる的な、時刻をあわせ直しせずとも、誤差調整にも利用できますね。 スペックとして、公開されている範疇であれば、そして安定してブレが無いなら正常と考えましょう。 逆に言えば、そこから逸脱をしたズレとか出てきたら、そろそろオーバーホールか、故障の予兆?!とも言えます。

0

機械式はゼンマイが動力源ですがゼンマイオモチャのように単純に巻きが戻るのではなく、脱進機との連動により伸び縮みを繰り返し徐々に緩むようになっています。 脱進機の振れも変わりますので遅れるだけでなく進む場合もあります。 メーカー公表の日差はケーシング後ではなくムーブメント単体で、自動巻であればローターも外された状態での検査です。

0

その表記だと、ゼンマイが解けた方が針が進む、になりますが合ってますか? 最近の時計はリザーブによる精度差がかなり少ないのですが、そのように違うのであれば、振り当たりとか、なんらかの問題があるかも知れませんね。 買ったところで見てもらうか、腕の良い時計屋さんにいくかすると治るかも知れません。

それはありきたりな現象ですね。 ゼンマイが解けるとふり角が落ちたり、テンションが下がるので針の重さに耐えられなくなって来ます。

0

普通の事です、エンジンやモーターじゃないんですから。 ゴム動力やゼンマイを動力にした、オモチャで遊んだ事無いですか? ゴムやゼンマイを巻いて動力にすると、最初だけ勢いよく動きますが段々と元気が無くなります、ゼンマイはそう言う物です。 パワリザーブはパワーを最後まで維持する物では無く、パワーの残量が何日有るか?と言う機能ですから。 パワーリザーブなんて名を付けるから良くない

0

ゼンマイの巻き上げ量による変化はあります。巻き上げ量が少なると進んだり遅れたりしますが、公称精度内で10秒の範囲なら問題ないと思いますよ。その他、姿勢差や温度などによっても差が出ます。