ID非公開

2021/4/13 21:11

55回答

バイオリン タイスの瞑想曲は

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

「練習曲」というのは、ある「テクニック」を習得することを目的として作曲された曲のことです。 タイスの瞑想曲は「音楽」として作曲された曲ですから、練習曲ではありません。

0

質問者さん(ID非公開さん)が弾けるのはせいぜいこの程度ですので、 マスネ/タイスの瞑想曲は練習曲としては相応しくありません。 https://youtu.be/WKInX1y0QEQ 聴くだけなら誰でも聴けます。 パールマンは、こういう曲だけは本当に素晴らしいです。 ジュール・マスネ/歌劇「タイス」から第2幕第1場と第2場の間の間奏曲「タイスの瞑想曲」 イツァーク・パールマン(ヴァイオリン) ローレンス・フォスター指揮アビー・ロード・アンサンブル (1995年録音) https://youtu.be/718UdiQh0CQ

1

タイスの瞑想曲は、マスネの歌劇「タイス」の第2幕第1場と第2場の間に演奏される「間奏曲」。 練習曲ではありません。 本来は管弦楽と独奏ヴァイオリンによって演奏されますが、ベルギーのヴァイオリニスト、マルタン・ピエール・マルシック(1847 - 1924)編曲によるピアノ伴奏版も良く演奏されます。 カラヤン/ベルリン・フィル (vn)ミッシェル・シュヴァルベ https://youtu.be/d9dMm6SSb7c (vn)クリスチャン・フェラス (pf)アーネスト・ラッシュ https://youtu.be/s3B58RmBMks

1人がナイス!しています

0

>練習曲の内に入りますか? ★伝統的なヴァイオリンレッスン体系では「小品」で「練習曲」に入る事は少ないと思います。

チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲の2楽章は「練習曲」(御稽古の曲)として弾かれる事が有ります。「なつかしい土地の思い出」も「練習曲」として弾かれる事が有ります。 経験則ですが、 「タイスの瞑想曲」 「G線上のアリア」 「愛の挨拶」 「チャルダッシュ」 は無いのです。大人に成ってからヴァイオリンを始めた人向きには学習目標が違うので有ります。