中島みゆきさんの作品(作品の印象)についての質問です! .

画像

邦楽 | 作詞、作曲96閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

こんにちは、質問者とご回答者としては「はじめまして」だと思うのですが(もしも私の失念/誤認の節は申し訳ありません、どうぞご容赦ください!)、よくぞご回答くださいました、しかも丁寧なご回答がまた嬉しいです! ①の『渚便り』はけっこう不意打ちです。単純にリリースが古い曲というのもありますが・・・けれどたしかに、渚に吹く風のような、濁りはもちろん、色彩すらもない感じがします。 『4.2.3.』は異論ございません!苦手という点も、右に同じwで、息苦しさを覚えます。個人的なやるせない憤りに満ちて、しかも安易な同意や同調もとくに求めてはおられないような・・・拒絶、はさすがに言い過ぎかもですが。とにかくみゆきさんとしてはそれほどスルーし難かったのでしょうね。 『MEGAMI』、大好きな曲ですが、この曲を聴いていると、男性を子守りするかのような、まさに中島みゆきの原点を感じます。女神であり聖母ですね!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

既定の終了迄には1日弱あるのですが、勝手ながらこのあたりで仕舞わせていただきます。4名の皆様、いずれ劣らぬご回答、どうもありがとうございました!共感をさそうコメント付きで一番乗りのご回答をくださいましたten_様にBAを謹呈いたします!もちろん全ご回答がなるほどと思える好回答でした。 お気づきになったかどうか、第2弾、3弾も質問公開中です。洞察力ある皆様方には、宜しければぜひそちらもご覧ください!

お礼日時:4/20 11:47

その他の回答(3件)

1

① もっとも「透明感」を感じる曲は「渚便り」です。 https://sp.uta-net.com/song/54512/ 「海よ」も候補に挙がってました。(笑) https://sp.uta-net.com/song/23856/ ② もっとも「怒り」を感じる曲は、予言口調の「吹雪」です。 https://sp.uta-net.com/song/54743/ ある情報によると、「吹雪」は第五福竜丸事件のことをモチーフにしているという噂があります。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%94%E7%A6%8F%E7%AB%9C%E4%B8%B8 その他には、北海道の泊原発建設反対運動をモチーフにしているのではないかという噂もあります。 僕は「吹雪」のモチーフになったのは後者の方ではないかと考えています。 何故ならば、北海道は中島みゆきさんの故郷なので他人事で済ますことが出来なかったのではないかと考えています。 また僕が知る限り、中島みゆきさんの楽曲で「うらみ・ます」よりも怒っている歌い方をしているのは「吹雪」以外知らないです。(笑) ③「聖母のような眼差しや博愛」を感じる曲は、他の回答者と同じく「空と君のあいだに」です。 https://sp.uta-net.com/song/5119/

1人がナイス!しています

こちらにもご回答いただいて嬉しいです、どうもありがとうございます!透明感で『渚便り』や『海よ』・・・たまたまプラトニックな曲に落ち着かれたのか、それとも直接的なラブソングでは透明な感じはしないでしょうか・・・ 『吹雪』の歌い方、そんなに怒ってましたかね?ひたすら無表情だった印象はありますが。♪人は笑顔のままで泣いてるときもある・・・という詞までお書きになる中島さんです、ひょっとしたら「怒り」も他人にはそうと悟られずに表わしているかも・・・ということはないでしょうか? ♪空君については、♪アマテラスなどと同様に、君を笑わせるためになんでもできるし、またするという、なんか泣けてくるほどの自己犠牲ですね。

1

① ♪おとぎばなし 30thアルバム「おとぎばなし -Fairy Ring-」より ② ♪異国 07thアルバム「生きていてもいいですか」より ③ ♪泣かないでアマテラス 23thアルバム「10WINGS」より ・・・・・・みなさんの選曲をみて、”うんゝ"と頷いてしまいました。 楽しくも難しいお題でした。

1人がナイス!しています

こんばんは、ご回答ありがとうございます!こうしてセッションが賑わい活性化することほど、質問者冥利に尽き、また嬉しいことはありません!他のご回答にもそれぞれご納得の由、お人柄もしのばれます。①の♪おとぎばなし・・・白状しますと咄嗟にどんな曲だったか浮かばず『あどけない話』と混同しかけたほどでした。いま、聴きながらこうしてキーを打っております。なるほど、穢れも邪気もない、実に透明感のある佳曲でしたね!②の異国は、個人的にはいまだに聴くのに覚悟の要る、他のご回答にあった『4.2.3.』同様の苦手意識のある曲です。それはもしかすると、歌の内奥に潜む「怒り」を知らず知らず嗅ぎ取るからかもしれませんね。③の~アマテラス、これはもう決定版級ですね!♪それに優る笑顔がひとつ多くあればいい 君をただ笑わせて負けるなと願うだけ・・・なんと女神の慈愛を感じるフレーズでしょうか!素敵なご回答ありがとうございます!

1

①天使の階段(短編集) ②ファイト❗️(予感) ③空と君のあいだに

1人がナイス!しています

こんにちは、少々ご無沙汰したように思いますが、ご回答どうもありがとうございます!本日のご回答も、みゆきさんの作品を日頃から丁寧に聴いておられることがしのばれます。♪天使の階段、おそらくは夜会/ウィンター・ガーデンのための書き下ろし作品なのでしょうが、それにしてもなお突出した透明感がありますよね・・・そう言えば同劇中の『記憶』も、♪未来は透きとおって見分けのつかない手紙だ…というフレーズのせいばかりでもなく透明で大好きな曲です! ファイト!、こちらもおっしゃるとおり定番的な存在、さる年のライブでの歌唱時はちょっともう壮絶というか、キーやピッチが外れるのもお構いなしに叫び歌われて圧巻でした(自らNGとした手前、具体的記述は避けますが…) ③の通称♪空君も、一般的にはわんこ目線と言われてますが、実に中島さんらしい慈愛の歌ですね。あくまで思いやる相手の傍でのスタンバイだけを伝える、その奥床しさも!