ネット自動車保険は代理店などの手数料がないから安いと思われるので納得です。担当者に相談や話が聞けないのが躊躇する原因でしょうか?

自動車保険 | 交通事故63閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

どうもありがとうございました。

お礼日時:4/19 15:15

その他の回答(3件)

0

それより大きな問題は、保険会社にとってのいい客しかとらないことです 間違ってネット保険が主流になるとほとんどの車は無保険となります

0

『担当者に相談や話が聞けないのが躊躇する原因でしょうか?』 →いいえ。 直接会って話をする事だけが相談等ではありません。 レベル的には代理店と通販型のオペレーターは同程度です。 オペレーターは近くに保険会社の正職員がいる分、オペレーターの方が上です。 『自動車事故は事故率が高くやれば元が取れるので?』 →よくわかりませんが...。 事故率高かったら元は取れませんよね?

0

>ネット自動車保険は代理店などの手数料がないから安いと思われるので納得です。 ↑ ネット保険会社もほとんどの会社は代理店(紹介代理店)を使用していますが、契約締結権のある一般の代理店よりも手数料率は低いので、それも多少安くできる要因です。 ネットの保険会社と代理店型の保険会社とはビジネスモデルが全く異なります。 ネットの保険会社はあらゆる方法でコストを下げるようにしています。 事務処理が増加する銀行口座振替は扱ってる会社は少なく、集金や入金の未納などの管理をする必要がない一時払いかクレジットカードでの支払いにしているところがほとんどです。 また、保険料を安くする最大の要因は保険金を払わないこと・・・つまり、事故をしない契約者を集めることですが、そのために一定の年齢層を中心に募集したり、事故や会社とのトラブルが有れば躊躇なく排除できる立場の弱い個人の契約者を主な契約者としているのです。 しかし、すべとの条件に都合よくマッチした契約者は少なく、シェアーが高い会社ほど様々な契約者を抱えることになり、一般の保険会社に近づきますので保険料は高くなる傾向にあります。 契約者の条件を絞り込むことで保険料を安くできているのですが、それはその条件以外の契約者を引き受ける代理店型の保険会社が有るからこそ成り立っているのです。 *約款が理解できるならどこの保険会社も同じです。