回答受付が終了しました

日本生命の保険担当者に対して不信感を抱いております 今日本生命に加入しておりますが貸付制度を利用できなかった為に

生命保険233閲覧

回答(4件)

0

お客様の事情は最優先で汲むべきでしたね。 たしかに保証がなくなってしまったあとに再契約ができませんでしたとなると問題ですがそれを説明した上で納得して手続きしていただけるよう説明すべきでしたね。 営業さんは新契約の説明は上手だったとしても保全はポンコツってよくあるのでコンタクトセンターとかに連絡した方がスムーズですね。

回答ありがとうございます‼︎ 結局金曜日に間に合わず、 来週の金曜日まで待って欲しいと 言われ、もう待つしかないので わかりましたと伝えましたが、 解約手続き自体まだ終わっても いません…。 挙げ句の果てに、2万ほど だったら自分のポケットマネー から出せると言い出す始末、、、。 ちょっとコールセンターに 苦情を言いたいところですが、 会社に10数年来て頂いている ので、来週の金曜日まで待って みて、解約されなかったら、 本社にクレームいれようと 思います、、。

0

よく有りがちな話しですが、日本生命などの日本社漢字生命保険のセールスレディから保険加入をしてしまうと、そういった煩わしさが付き纏うと割り切りましょう。

回答ありがとうございます 会社に10年近く来てくれていますので 私もすべてお任せしていましたが あまりにも色々遅いので大丈夫かなって 心配になりました・・・

0

その営業担当がしっかりと説明していないことは問題であるわけですが、生命保険契約は担当者が引き受けを決定することはできません。契約の締結権限は本社にあります。 営業担当者や地方の事務所はあくまで本社への書類の取次をするのみで、本社が契約の承諾可否を決定します。 そして。契約が締結されていつから保障されるかについては、約款の定めによって遡ったりします。 つまり、月曜日に手続きをしたからといって、確実に契約が成立すると限っていないわけで、書類の不備や告知内容の点検をして問題がなければ、本社から成立の連絡が入ります。それまでは担当者は確実なことは言えないんですよ。 そういう手順をしっかりと説明した上で、あなたのご要望に応じられるかどうか、その上でのあなたの判断を求めるべきであったとは思います。問題なしとしませんが、ではあなたはどうするのかということになります。

1

ポンコツ営業だからしょうがないが まあひどいな 別に入用で解約なら、新しい保険の成立前でも解約するか、保障が途切れるのが質問者が不安なら解約が遅れるか、どちらか それは担当者が決めることではなく、質問者が選択していいことだ で 質問はなんだ?

1人がナイス!しています

回答ありがとうございます あまりにも腹が立ちすぎて質問を書くのを忘れて いました(笑)すみません 会社に10年以上来てくれている 保険屋さんですので解約とか そうゆうのがしにくい状態でして 今回かなりごねられましたが 仕事は遅いし連絡すると言って 連絡ないしちょっと契約自体も 見合わせた方がいいかなって 思っております。。。