プレス金型の焼き付きについて知りたいです。

工学30閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございました。 参考資料の方を拝見させて頂き、ためになりました。 他のアンサーしてくださった方もありがとうございました。

お礼日時:4/20 23:56

その他の回答(2件)

0

コーティングや、材質を変えることにより焼き付きにくくはなります。 熱の問題については摩擦熱以外に、組織の変形に対する熱もおおいに発生します。例えば、針金をクネクネと曲げていると、その部分が熱くなります。 発熱すると金属が膨張する→クリアランスとかが狭くなり、より発熱する。の悪循環で焼き付きが発生します。 成形速度を落とすと熱が逃げる時間ができるので焼き付きにくくはなりますが、基本的には逃がすのが大事です。 そこで、冷却剤を吹きかける。エアーを吹きかける。水冷や空冷の回路を設ける。内部を真鍮などにして熱を逃がしやすくするなどがあります。 また、偏肉などにより焼き付きもありますので、ガイドを剛性の高いモノ(ボール→ローラなど)に変更することも手です。

0

型の材質を変えてしまう。超硬または コーティング。 式? 大学などが研究としてやることで、 実用向きなのはコーティングのテストとして あろうかと。しかしそれを待ったり探すだけ ではお仕事が進みません。