ID非公開

2021/4/15 17:48

33回答

和バラの《みさき》

バラ44閲覧

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/4/18 6:41

詳しくありがとうございます。 はい、あまり薬剤を使うのは本意ではありません。 食酢、カリグリーン、試してみます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:4/19 22:10

その他の回答(2件)

0

我が家のバラは、うどんこ病にほとんどなりません。 食酢(穀物酢)を6リットルの水に大さじ1~2位入れて噴出してます。 頻度は、バラに何かしてあげたい時に。 葉が照り強くなる気がします(笑) ベニカをしてますが、黒星病にはなります…。 粉粧楼が購入した当初、うどんこ病になってましたが、最近は全然ならなくなりました。 まだ若いバラです。あまり気にせず、強く育てましょうね♪

ID非公開

質問者

2021/4/18 6:39

ありがとうございます。 食酢の効果は期待できそうですね。 ウチはほんの数鉢しかないので、6リットルですと、何年かかるか、という感じですが(笑)、少なくして試してみます。

0

肥料が多いとうどんこ病になりやすいです。 寒肥は油かすなどの肥料は少なめにし、骨粉や草木灰を与えるのもいいですが、どれも少なめかあげなくても良いです。 春の芽吹きを見てから芽出し肥として成分のフラットな肥料をあげる方がうどん粉病になりにくいです。 うどんこ病になりやすい品種やボーリングしやすい品種は肥料をあげすぎず、秋のお礼肥を最後に株の余力で咲かせる方が失敗は少ないですよ。 あと、新葉が展開してきたら敢えて水やりの際シャワーで葉を刺激すると葉の表面の組織が丈夫になり病気に強い葉になります。あくまでも、それをやるなら晴れた風のある日がベストです♪

ID非公開

質問者

2021/4/18 6:43

詳しくありがとうございます。 しまった、油粕あげてしまいました。 今後、参考にさせて頂き、やってみます。