松山英樹と石川遼クンについて。

ゴルフ | 話題の人物141閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

>松山は全ての結果を自分の問題として 他人や天候の 責任とはしない 遼クンはそうではない、ということでしょうか。 確か、カメラのシャッター音にキレたことはあったような。スイング中だったか、アドレス中だったか忘れましたが。 でも、これは写真撮った方が悪いですよね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

(一部おチャラけた回答も見受けられましたが、きちんといただいた)ご回答の中からベストアンサーを選ぶのに、けっこう苦労いたしました。 カテゴリマスターさんのご回答も「深いな~」とは思ったのですが、自分の知らない事柄を「一番多く」教えてくださった回答をベストアンサーに選ばせていただきました。 きちんとしたご回答をくださった皆さま、改めてありがとうございました。

お礼日時:4/20 10:03

その他の回答(9件)

1

石川遼は酒を飲みます。 松山は飲みません。 これだけじゃなく、石川は昔のプロゴルファーで、松山はアスリートです。 昔のスポーツ選手は酒飲んでなんぼでしたけど、今のスポーツ選手は酒とか飲みません。 石川は、子どもの頃から大人の中でゴルフをしてきたために、アダルトチルドレンみたいになっていた。 そういうのは、スポーツする上で、ものすごく邪魔。 それでもあれだけ活躍で来ていたのは、地力が凄いんでしょう。 今の石川は、普通に下手になっている。

1人がナイス!しています

タバコが超NGだというのは容易に分かりますが、酒もNGなんですか? 時代も変わりましたね~。 メジャーの大谷翔平君も飲まないのかな? 田中のマー君は正月箱根駅伝の時、妻夫木と「黒ラベル」のCM出てるけど・・・。

0

一番は、石川プロのコーチが、サラリーマンの父でアベレージゴルファーだったから、世界で戦える技術を身に着けられなかったこと。PGAに本格参戦する時、優秀なコーチを着ければ良かったと悔やまれる。

0

やってる場所が違うのに『伸び病んだ』っておかしくない・ 2011年から石川は国内で13億、宣伝含め二十億は稼いでたぶん毎年二、三勝で継続。 松山はアメリカでせいぜい25位でココ三年半は勝てない> もし最後でボギーでプレーオフで巻けたら、誰も石川との琴は比較しないはず。 あなたはゴルフ知らない人みたいですね。 世界にはイギリス。フランス。ドイツにも千人のプロがいるけど一度もアメリカに来ないし彼らのマスターズはドイツオープンや全英。そこでやってる頂点と松山を比較する人はいないでしょう。今の日本の最上位は賞金王今平。それだけのこと。 それを前提にしないとにわかにこんな質問しても話しになりません。 ただココからの話、石川は海外進出してその飛距離に圧倒されて飛距離を追い求めて、自分の優れたアイアンの感覚を忘れて帰国。それと契約先のキャロウェイは次々に新商品をつかわせるところ。つまりアメリカで正式なコーチをつけるべきでした。それも敗因。 松山にしてももっと早くマスターズに手が届いたのにわがままに性格でコーチをつけなくて散々マスコミに批判されてきました。女子を見ている日本の目澤コーチをつけて即勝ったということ。ただ松山君がこの先三年勝てないこともありますし、日本に来ても芝がちがうので一年は勝てないはず。 何が『差』なのか前提が大事。極端に言えばマスターズはアメリカだけのもの。世界は広いよ。二人ともまだ三十歳。あと十五年は現役のはず。これからですね。

0

俳優さんなんかでもいるでしょ。大成功した人気子役が20歳過ぎたら子役の時は人気があっただけの役者になった。 その時、遼君はピークであった。 松山君は発展途上だった。だけだと思うけどね。