映画のインターステラーで、「地球のために犠牲にはなれないが、家族のためになら犠牲になれる」みたいなシーンがありました。

外国映画 | 大学21閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます。 読んでみようと思います

お礼日時:4/21 9:26

その他の回答(1件)

0

なにか考え過ぎではないでしょうか。別に論文からの引用ではないと思います。 プランBは人類という種を残すために、地球に住む人を犠牲にするプランです。 つまり普通の人は家族など身近な人の命を優先するので、プランBには同意しない。という説明のシーンですよね。 だから、クーパーとアメリアには、プランAが実質不可能でプランBしか残されていない ということを教えていませんでした。

回答ありがとうございます。 一応言っておくと、この映画は好きですし、映画に対して根拠はあるのか!とケチをつけているわけではないです。 ただこの考え方に根拠や研究結果があるのなら、卒論とかで使えるかなと思い質問させて頂きました