ID非公開

2021/4/16 7:58

1010回答

なぜ鉄道の回数券は紙なのか?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(9件)

0

JR東では今春からSuicaで同運賃リピート利用でポイントが貰える回数券相当のサービスが始まっています。 https://www.jreast.co.jp/offpeak_repeat/?src=brandpanel なお回数券とは運用ルールが若干違い、 ①回数券の3ヶ月で11回利用で1/11割引のところこちらは1ヶ月で10回利用で10%ポイント付与、11回以上は都度10%還元 ②回数券の同一区間固定に対してこちらは同一運賃なら何処の区間でも良い という差異がありますので自分の利用状態から都合の良い方を選択することになります。

1

回数券自体を廃止したいから、だろうな 技術的にはスマートEX方式ならIC化出来るが、やりたがらないよ

1人がナイス!しています

0

一番の問題は、回数券以外の区間を乗車したときの処理です。 東京ー川崎の回数券を購入してある場合。 横浜に乗り越した場合、 1,川崎までの運賃を回数券を使用する、 2,区間をチャージから引く 東京ー品川で乗車したとき、 3,回数券1回分を使用するのか、 4,チャージから引くのか 紙の回数券の場合で、期限間近の時は、損を承知で回数券を使用するときもある。期限がある時は回数券を使用しない。

1

SuicaやPASMOにそのような機能が現状無いから。 SuicaやPASMOは多目的定期として考えられたものです。 作られた当時には「回数券として使う」ということが前提で考えられてなかったからです。 Suicaができたのが2001年前の20年前で、その当時は電子マネー機能もありませんでした。 最初から「この機能が使える」という形で作られた場合 後から利用ができるようにはできますが、最初から無い場合、その機能が追加できません。 PiTaPaの場合はチャージ式ではなく、あとばらいの為 一定回数を超えると割引がされるのは ICカード機能ではなく、請求がされる時に自動で割引がされます。 https://www.pitapa.com/service/ あとSuicaエリアでの新しい機能として 「JR東日本の新ポイントサービス、同一運賃区間月10回以上のSuica利用で1回分還元」 というのができましたが https://www.bcnretail.com/market/detail/20201110_199095.html これもSuicaそのものの機能ではなく、JREポイント会員の機能で、ポイント還元は後から還元が可能なので、JREポイント側でポイントとして還元される方法をとっています。 同じく、フリーきっぷ等の企画きっぷも同様なのですが これは現在、交通系ICカードでも一部利用ができるのですが 元々定期の規格データ部分に企画きっぷのデータを入れてしまおうという形で実現したものです。 その為、鉄道定期が入っているとこの企画きっぷは入れることができません。 日本の交通系ICカード、電子マネーには ソニーのFelicaという技術が使われており、そのFelica部分にデータを記録するメモリを搭載しています。 ただし、搭載しているメモリに限りがある為 「この機能」「あの機能」みたいにたくさんのものを入れることができません。 ただし、これは開始した20年前の規格をそのまま反映している為です。 現在のFelicaには大容量メモリのものや新規格のものが登場しているので Suicaもバージョンアップさせれば(ただし既存のSuicaはその機能がないので使えない)可能かもしれませんが、その場合、自動改札なりサーバーなりのバージョンアップも必要となります。 現在、JR東日本では、タッチも必要ないスマホによる無接触規格のものが考えられています。 そうなると新しい機能が色々と入れられるので、回数券等も実現する可能性大です。

1人がナイス!しています

2

下の方の回答通り、まだIC乗車券が使えないエリアが残っており、普通乗車券と普通回数券は基本JR全線について購入できるとしているから(ただし普通回数券は原則200km以下)。名鉄など既に回数券の販売を原則終了した事業者もあることから、技術的にそれほど難しくはないと思う(RAMの使用状況にもよるけど)。 ここからは余談。 普通乗車券もそうだけど、JRの運賃・料金は、敢えて分割すると、通しより運賃が安くなるケースが多々あり、それを逆手にとって分割した回数券をセットで販売する古物商(チケットショップ、コインショップ)がいたり、それらを購入して乗車する人もいる。JR西日本などは、昼特きっぷを廃止したり、旅客営業規則の出発駅でしか乗車券類を購入できない(第19条の1)を厳格に適用するなどして対応しているが、それでもおさまらないのか、ついにICOCAエリアの一部の区間の普通回数券の販売を終了を検討すると言い出した。JR東日本も同じ運賃の区間をSuicaで11回以上乗車することでJREポイントがプラスで貯まるサービスを始めたが、これが普通回数券廃止の先触れとの見方もある。どうなるか見てみよう。

2人がナイス!しています