自動拳銃のデコッキングという動作は一体なんのために行なうのでしょうか。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

スライドをカチャチャッ…とやって弾が装填されたはいいですが、あとはトリガーをちょっと引くだけで弾が出る状態なので危険です。このためデコッキングレバーでハンマーを元の位置に戻します。この時トリガーも前進して元位置に戻ります。このようにして安全に持ち運ぶためです。 デコッキングレバーによって、弾は装填されてるがハンマー・トリガーが戻った状態、つまり弾を装填してない時と同じ状態にできます。 敵を発見した時に初めてスライドをカチャチャッとやって弾を装填するのでは間に合いませんので。

この返信は削除されました

1

動作状態にある拳銃を安全な携行状態に戻すために行います。

1人がナイス!しています

0

銃を安全に持ち運ぶ為です。 シングルアクションの銃では、セイフティをONにしなければ暴発の可能性が高くなりますが、ダブルアクション式の拳銃で、デコッキングをすると、セイフティをONにせずとも撃発状態を解除していれば安全に持ち運べるようになります。

1

暴発予防のためです。 撃発可能状態のまま携行するのはリスクがあるので、一旦撃発可能状態を解除する必要があります。 安全に撃発可能状態を解除するためのセイフティ機構がデコッキング機構であり、レストポジションからセイフティを解除してトリガーを引けば発射できます。 この機構はシングル&ダブルアクション機構の銃に装備されている事が多く、DESERT-EAGLE や 1911系などシングルアクション機構の銃には備わっていません。

画像

1人がナイス!しています

1

ハンマースプリングがヘタらないようにするためです。

1人がナイス!しています