ID非公開

2021/4/16 11:43

33回答

今年から大学生で一人暮らしなのですが、NHKの方から2通書類が送られてきました。

消費者問題47閲覧

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/4/16 19:38

なるほどそうします。

その他の回答(2件)

0

今のNHKの実態 放送法に違反していないのか なぜ第三者がNHK予算会議に加わらないのか そのあたりを勉強してください まわりの真似をしてはいけませんね

ID非公開

質問者

2021/4/16 19:38

分かりました。

0

「受信料を払わないためには免除申請しなくてはならない」 ともしお考えなら、それは少し違うので説明させて頂きます。 NHKとの放送受信契約は 「テレビを捨てる日まで永久に受信料を払い続けます」 という無期限の契約です。 受信料が免除になるのは学生の期間だけで、その後は通常の契約者と同じ ように年間2万円前後の受信料が請求され続けます。 今後の生活でNHKの番組を少しでも見るのなら、長期的には 新規契約→免除申請→4年後に免除資格失効→受信料の支払開始 →死亡により解約 という順序で一生、受信料を払い続けなくてはなりません。 ただしテレビを持ちながらNHKを一切見ないなら、 新規契約→受信料を払わない→テレビを廃棄→解約 という合法的な流れで、NHKにお金を1円も払わないという選択をする こともできます。 不払いの途中でテレビを捨てたら解約を届け出て、5年間NHKが裁判を してこなければ、時効によって滞納分は帳消しにすることができます。 ですから将来的に不払いすると決めているなら、免除申請はしなくて もいいと思います。 あるいは今からでもテレビをご実家へ戻すなどして撤去してしまえば、 そもそもNHKと契約する義務がなくなります。 テレビの設置、契約、支払、視聴の有無については以上のように選択肢が 多くありますので、参考にされて下さい。

ID非公開

質問者

2021/4/16 19:38

勉強になります。