ID非公開

2021/4/16 12:22

99回答

135(35ミリ判)がなぜ事実上の標準規格になったんですか。120(ブローニー)がなぜ取って代わられたんですか。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます。

お礼日時:4/17 13:53

その他の回答(8件)

0

偶然でと言えば何でも偶然だが、必然と言えば必然 デジタル化が進みフィルムカメラ自体が終わった時に、市場に一番多く残っていたのが135フィルムカメラだったから

0

フィルムの性能が良くなればフォーマットは小さくても良くなる。ブローニーだとレンズが巨大すぎるし、120フィルムとかは素人には扱いが面倒すぎる。 もうちょっとフィルムの時代が続けばAPSもいいとこ行ったのでしょうが(個人的にはプロネアSとか大好きなカメラです)いかんせんタイミング悪かったですね。

0

素人相手の商売だからです。要求は35mmが刷り込まれていて中心に35mmよりxxxxだという思考しかアマチュアには出来ませんでした。 なので35mmが普及して画質が悪いAPSは嫌われた。 中判は必要ないと考えた。

0

アルバムに貼るならコストの安いフィルムカメラを選ばれただけの話し! APSはもう10年早く登場していれば35ミリと住み分け出来たかも? 110と比べたら高画質なプリントとが得られましたが住み分けが完成する前にデジタルの波に流された。 35ミリも135だけが残り無孔35ミリもラピッドフィルムも無くなった35ミリってだけで残った分けじゃない。

0

枚数撮れないのと、スピードですね。 デカイものを早く動かすのは難しい。 フォーカルプレーンシャッターなんて645でぎりぎり。 6x6以上はロクなもんじゃない。 すぐ動作不良起こすしシヤッタースピードも遅い。 で、レンズシヤッター付レンズを使ったりするんだけど手順は面倒だしやっぱりシヤッタースピードは1/500がマックス。 ただ1つシンクロスピードだけはa1より速いしけどな。 もう一つあった。 明るいレンズを作ろうとするととてつもなく巨大で高コストになるからf2.8程度までと同じ理由で超望遠も無い。