dv旦那との離婚調停を控えています。

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

調停は、あくまでも話し合いの場です。 証拠が必要になってくるのは、 それが不成立になり、裁判になった場合のみです。 調停では、なぜ離婚したいのか?という お互いの理由だけを述べて、 離婚するにあたっての条件(財産分与など)を 取り決めるだけです。

0

調停では、あまり意味がないかと思います。DVの有無より離婚に合意できるかどうか?慰謝料、婚費、養育費、年金分割等合意できるかどうかです。その後の裁判になれば、証拠になりますがより詳しくメモ等を残して置くことどすね

1

調停では「合意したこと」以外何も決まりません。証拠調べもしません。調停の中でDVがあったか無かったかの「判定」もしません。 なので、調停であなたが「DVを受けた。ほれこの通り!」と『証拠』を添えて主張したとしても、相手が「DVはしていない」と言えば、『DVがあったか無かったかについての合意は出来なかった』ということで終わりです。 調停では話し合いがつかず、裁判に進んだ(或いはDVについて損害賠償請求の裁判を起こした)となった時初めて、『証拠』をもとに裁判官があったかなかったかを判断する、ということです。 その証拠で裁判できるのか(裁判でこちらの主張が認められるのか)出来ないのか、は弁護士の意見を聞いてみるのが一番です。

1人がナイス!しています

0

ラインのスクショなどは証拠としては弱いみたいです。 なぜなら加工して作り変えることができるからです。 でも一応参考程度に見てもらえると思います。 直筆のノートも大きな証拠になるかは微妙です。 調停で本人が認めるのが一番なんですけどね、、、。 あとはDVで怪我をしたときに病院で書いてもらった診断書とか 痣になっている写真とかですかね。 日記のように〇月〇日に〇〇された、など細かくメモを とっておくのも良いです。

0

その日に何をされたか等を とこ細かく書いていると証拠になるとといいますよ でもまずは身の安全が大切ですね