新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

回答受付が終了しました

ID非公開

2021/4/16 17:44

99回答

同調圧力ってだめなんですか?最近よく「マスクは効果ない。日本人は同調圧力で…」みたいな話をよく聞きます。

ヒト | 事件、事故84閲覧

回答(9件)

0

同調圧力そのものは、悪くはないですが、 同調圧力に屈する人の何が問題かって、 周りの意見が絶対だと思い込み、その価値観を押し付けてくる事です。 わかりやすい例で言うと、マスクをしてない人がいたとして、その人が何故マスクをつけてないのか、理由も聞かずにいきなり価値観を押し付けてくる人、めちゃくちゃ多く見ます。つけてない事そのものが"悪い"という 先入観を同調圧力によって持っちゃってるので、非常に勘違いが生じ易い。 日本人の多くの方って、自分の意見に対して否定的な人、周りと違う事をやってる人に対しての偏見、敵視が半端ないので、様々な視点から物事を見極める柔軟な思考力がかけてるように思えます。

0

イタイ人達の間での同調圧力でそんな意味不明な言動をしているのです

というのは冗談として、 人類の進化の過程で獲得された性質の一つと言われています 人間は群れで生きる動物ですから、集団に従う者の方が生存に有利だったのでしょうね しかし同調圧力が常に正しいとは限りません ナチスドイツは同調圧力により誕生したかもしれません 科学的に正しくないかもしれません マスクではどうでしょうか 科学的な根拠なしにマスク着用が推奨されているでしょうか? WHOはマスク不要論の中核でしたが、今はマスク推奨に変わりました 新たな研究結果を踏まえて判断したとのこと 周りに合わせても良い状況なのでは?と思いますけどね

0

まず、マスクの効果について考えます。マスクによって、感染を防げるかというと、残念ながらほとんど防げません。ウイルスの大きさはとても小さいので、マスクの網目を通り抜けてしまうからです。医療用のマスクはウイルスも通さないらしいですが、行きつけの医者がそれを着用したら、呼吸困難で息苦しくてやめたと言ってました。 それを知っている人の中には、効果がないと言ってつけない人もいるようです。けれど、防ぐ効果は期待できませんが、飛沫を抑える効果は絶大です。感染のほとんどは飛沫によるものです。だから、花粉症などで、マスクしていても普通に感じられる日本では、感染が世界に比べてとても少ないのです。海外では、マスクをして歩くと、病気の人と認識されるので、予防のためのマスクという習慣がなくて、感染が広がったと思われます。日本では、当初、みんながマスクを買い求めて品切れになったのは周知のことです。これは、マスクによって感染を防ごうとした間違った考えからでしたが、そのおかげで飛沫が押さえられたのは怪我の功名とでもいうべきでしょうか。 飲食店で感染が広がるのはなぜかわかりますか?食べるときにはマスクははずします。そして、一人でもくもくと食べたり飲んだりするだけならいいのですが、たいてい、食事をしながらの会話を楽しむために飲食店に行くからです。つまりマスクをはずした状態でしゃべるから、飛沫による感染がおこるのです。今頃になって、やっと黙食とか、会話時にはマスクをとか言い出しましたが、これを最初からやっていたら、感染はここまで広がらなかったでしょう。 未だに、マスクで防げると思っている人が多いようですが、その方がいいのでそう思わせておいた方がいいでしょう。防げないことを理解している人でも、飛沫を抑えることができるのということまで理解しているので、マスクはつけているはずです。困るのは防げないのなら意味がないということだけ主張するジコチューが、自分がウイルスをまき散らしているかも、というところまで考えてないことです。 無症状の感染者がマスクなしで会話することにより、感染が終息しないのです。たとえ、検査結果が陰性だったとしても、検査翌日に感染しているかもしれないのだし、今後ワクチンを接種したとしても、100%安全とはいえないのだから、誰もがマスクをつけるべきです。 マスク過敏症うんぬんというのは、この際、無視するしかないでしょう。マスクによって、コロナ以上の深刻な事態になる人は、そんなにたくさんいるわけないです。たぶん、ワクチンをうって、アナフィラキシーになる人より少ないでしょう。ほんのわずかなリスクを恐れてワクチンを打たない人もいるでしょうが、そのわずかな人のために、全員がワクチンを否定しないでしょう。マスク過敏症の人もそのくらいのことは考えてくれるはずです。なにしろ、1日中マスクしているわけではなく、他人と接する場合だけでいいのだから、そこまで深刻になる必要はないはずです。ちなみに私も肌が弱く、子供のころはひどいアトピーに悩まされ、今も、ちょっとしたことで肌荒れやあかぎれなどができてしまうし、靴下のゴムがちょっときついだけでジンマシンが出てしまったりしますが、それでもマスクは着用しています。もちろん、それで防げると思っているのではなく、また、飲食店にも行かず、買い物以外の外出は控えているので、自分がウイルス保有者である可能性は限りなく低いのですが、マスクをしなければ、たとえ、自分が保菌者でなくても、周囲に不安や不快感を与えてしまいます。そうしないためのマスクです。 さて、長々と書きましたが、結論は、同調圧力とかなんとか、言う前に、周囲に対する気遣いがあれば、マスクはするだろう、ということです。マスクは飛沫を抑えるというだけでなく、周囲に安心感を与えるものなので、コロナが終息するまでは、人前ではマスクはするべきでしょう。

1

同調圧力は、少数異見を潰してしまうので、民主主義を破壊し、全体主義になります。 マスク問題に限定すれば、過敏症他医学的症状により、マスクをつけることが困難な人間を置き去りにします。 わかりやすく、極論をあえて言うと。 マスクを着装できない人間は生きている資格がないものとみなされる方向に向かう。 行きつく先は、GDPに貢献しない障害者は安楽死という話し。 自分に過失がなく、100%相手の責任であっても、交通事故で半身不随になったら、即、殺される世界。 政府を批判するような人間は、潜在犯として処刑されるディストピア。

1人がナイス!しています

0

> どうしてそこまでマスクに反発する人がいるのか これはマスクがどうのこうではなく、「他人と同じことを強制されるのが嫌で嫌でたまらない」人なのだと思っています。こういう人たちにとって、「周囲にあわせてマスクをしろ」という同調圧力に晒され続け、マスクをしないで出歩いただけで白い目で見られる現在の社会は、窮屈で窮屈で堪らないのでしょう。 こういう人たち……良い言い方をすればロックな生き様の人たち、悪い言い方をすれば社会不適合者になりますが、こういう人たちは善悪の問題とは別に一定数存在しますので、反発する人が出てくるのは仕方のないことだと思います。(幸か不幸か、私にはその心情は欠片も理解は出来ませんが……) あるいは、もっと政治的な理由で、「政府が推進していることを、受け入れるのが我慢ならない」人なども混じっているかとは思います。この手の人達は、「国民を使って政府が実験をしている」みたいな感じの陰謀論がセットになっているので、かなり分かりやすいです。 まぁ反発する人たちの分析は置いておくとして、同調圧力が良いか悪いかはケースバイケースですねぇ。 例えば今回のように、集団で同じ行動を取ることが良い方向に作用するケースでは、同調圧力は必要悪として重要になってくると思います。 集団の和を乱す人が出てくると、それがそのまま集団へのダメージに繋がってしまいます。もし一人が勝手な行動を取ったことによって、その集団が危険に晒されるようなことがあったら大変ですよね。しかし同調圧力によって、その「勝手な行動をとる人」を抑えることが出来たのなら……。同調圧力は必ずしも悪いものとは言えないでしょう。 逆に、集団が間違った方向に進んでいるような状態であるにも関わらず、同調圧力によって間違いを指摘出来ないようなケース。この場合は、同調圧力は悪い方向に作用してしまいますので、「同調圧力は悪である」という結論になってしまいます。 当たり前の話ですが、集団や組織は、時に正しい選択をし、時に誤った選択をします。 である以上、「同調圧力は良いことだ」として全肯定してしまうのもまずいですし、逆に「同調圧力は悪いことだ」と全否定してしまうのも問題でしょう。 大事なのは、「同調圧力の根拠となっている考え方が、妥当か否か」だと思います。