说起日本间谍,是研究近代中国历史不可回避的内容。

中国語 | 中国史19閲覧

ベストアンサー

0

宗方 小太郎(むなかた こたろう 1864年8月6日(元治元年7月5日[1]) - 1923年(大正12年)2月5日)は、熊本生まれのジャーナリスト・大陸浪人。号北平。 佐々友房の熊本済々黌に学ぶ。1884年10月上海渡航、1890年上海に荒尾精が設立した日清貿易研究所で学生の教育・監督を担当、1893年1月同研究所を辞して帰国、1893年7月大日本帝国海軍嘱託、1896年2月『漢報』を買収、1898年11月東亜同文会の設立に参加、1907年10月上海の『時報』の発行名義人となる、1914年10月東方通信社を設立し同社社長。1923年2月5日死去、享年58。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

谢谢您 助かりました、誠に有難うございます。

お礼日時:4/19 7:29

その他の回答(2件)

0

日本のスパイのことは、近代中国史の研究に避けられない内容である。 早くは日本の明治維新の頃、日本の「脱アジア西欧列強入り」で世界強国に分け入り中国は仮想敵国となり、大勢の日本のスパイや公人身分、あるいは私的な身分で中国に潜入し、日本政府と軍部のために計り知れない量の各種の情報を探った。その活動の頻度の多探査領域の広さ、取得成果の大きさは、「狂気の沙汰」としか言いようがない。 清末時期に、もっとも有名な日本のスパイは宗方小太郎でしかなく、彼は日清戦争中に威海衛と芝罘のさまざまな軍事、政治、商業、外交、貿易等の情報を広く探り、日本軍大本営の方策決定のために大変綿密な各方面の答申を提供し、直接に中国北洋海軍の敗退と劉公島の陥落を導いた。戦後、宗方小太郎は明治天皇の面会と表彰を得て、日本のスパイの鑑となった。

0

日本のスパイと言えば、現代中国の歴史を研究する上で避けられない内容です。 早くも日本の明治維新の間に、中国は日本の「アジアからの脱却とヨーロッパへの参入」の架空の敵となり、世界大国に押し込まれました。多数の日本のスパイが公的または私的な立場で中国に忍び込み、無数のスパイをしました。日本政府と軍の数。様々な知性。 その活動の頻度、幅広いスパイ分野、そして達成された巨大な結果は、間違いなく「クレイジー」という言葉で説明することができます。 清朝後期、最も有名な日本のスパイはゾンファンコタロウではなく、1894年から1895年の日清戦争中の威海衛と志風の軍事、政治、商業、外交、貿易情報を広範囲にスパイしました。日本のベースキャンプの意思決定のための非常に詳細な情報を提供しました。さまざまな協議は、中国の威海衛海軍の敗北と劉公島の崩壊に直接つながりました。 戦後、宗方幸太郎は明治天皇からインタビューを受け、表彰され、日本のスパイ活動のモデルとなりました。 でしょうか? Google翻訳で入れると出てきましたが。