トルクレンチにラチェットの方向切換えレバーが付いてるでしょう。 あれってゆるめるのに使ってもいいからっていう意味なのじゃないんですか。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

現実にトルクレンチを使ったことがない人が語っているというのも良くわかりました。

お礼日時:4/17 10:46

その他の回答(10件)

1

tre****さんの回答が正解です。 左回転ネジ(逆ネジ)がトラックや大型車には存在しますので、その為にトルクレンチには切替えレバーが在るタイプが存在します。 また、過去(昭和60年代から平成初期位まで)には乗用車でも左側のホイールナットが逆ネジだった車種も在りますから、切れ替え式のタイプが在るのです。

1人がナイス!しています

2

左ネジに対応するためです 緩める時は 過大トルクでしまっている可能性や サビやかじりで固着している場合 トルクレンチに無理をさせて緩めてしまう可能性が有ります 無理をさせると校正値がずれるので トルクレンチとしては使えなくなります なので緩める時は通常工具 トルクレンチは締めるときのみに使うのが正解です

2人がナイス!しています

0

トルクレンチの締め加減は、音が1回鳴ったところから回し過ぎないようにしなければいけません。音が鳴った位置よりも締める部分は、増し締めといいます。そういう部分にはペイントマーカーしないといけません。

3

逆ネジでも計れるように切り替えられるんじゃないですかね?

3人がナイス!しています