定期区間についての質問です。

画像

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様大変詳しくご回答いただきありがとうございました。 この方に教えていただいた「リピートポイントサービス」を利用するのがうちの子に一番合っていると思いましたので、ベストアンサーにさせていただきます。 ありがとうございました。助かりました。

お礼日時:4/17 22:31

その他の回答(6件)

1

「ピッピッ」と書き込まれたので、通学定期券はSuica型なのでしょう。 Suicaは他のSuica、回数券などと併用することができません。 通学定期券はSuica型でない従来型の裏が黒い定期券にして、都内の塾へは回数券で通う方法があります。 学校終業後は、さいたま新都心駅の自動改札を従来型定期券で入ります。 都内の塾最寄駅の自動精算機に従来型定期券を入れると、不足額を入れるよう指示されます。 ここで回数券を入れたら精算済券が発行されるので、精算済券を自動改札機に入れて出場します。 塾終業後は、塾最寄駅の自動改札機を回数券で入ります。 西浦和駅の自動精算機に回数券を入れると、不足額を入れるよう指示されます。 ここで従来型定期券を入れたら精算済券が発行されるので、精算済券を自動改札機に入れて出場します。 塾は、週に5回も通うことは無いでしょう。 通勤定期券にする価値は乏しいです。

1人がナイス!しています

1

まず、第一前提として「学割定期」というものは存在していません。 年齢や区分も書いてませんし、何故、赤羽の塾何ですか?

1人がナイス!しています

3

× 学割定期、大人料金 ○ 通学定期、大人運賃の通勤定期 Suica定期の2枚持ちはかなり面倒なので、あまりおすすめできませんし、同時タッチはできません。 塾へ通う頻度にもよりますが、通学定期をJREポイントに登録し、同一運賃区間を月に10回以上利用すれば、ポイント還元されてチャージに充当される、回数券の代わりのようなサービスが始まりました。検討のほどを。 https://www.jrepoint.jp/point/append/railway/ 料金はグリーン車や特急に乗らなければ、0円です。運賃と料金は意味が異なります。また、ここのカテでは学割定期や定期券の学割といった間違った用語にはことごとく突っ込みがきますので、今後はご注意を。正しくは通学定期です。

3人がナイス!しています

1

まず、「南浦和~赤羽」は「大人料金」ではなく「通勤定期」になります。 JRには確かに「2区間定期」という制度がありますが、あくまで通勤定期の範囲内です。2つの定期券を1つにまとめる定期券です。 通学定期と通勤定期で2区間とすることは、駅によっては対応してくれるケースがあると聞きます。通常はできません。 また、おそらくですが、期間を揃える必要もあると思います。 詳細についてはJR東日本に確認したほうがいいです。 2枚別々に買った場合は、さいたま新都心から通学定期で乗り、赤羽では有人改札で通学定期と通勤定期の両方を提示して通学定期を出場処理してもらいます。赤羽から西浦和に帰る時も同様で、有人改札で2枚提示して片方を出場処理してもらいます。 ちなみに、南浦和~赤羽の通勤定期の金額は下記のとおりです。 1か月5,270円(片道32回以上でお得) 3か月15,010円(片道90回以上でお得) 6か月25,290円(片道151回以上でお得) 片道のお得回数は片道168円で計算しています。往復は1/2してください。

1人がナイス!しています

2

https://www.jreast.co.jp/suica/howtoget/commute01.html 子供用の通勤定期は買える。ただ、これにすれば安くなるかは調べていない。 通勤定期なら任意の区間で最短経路にしなくても買えるので、1枚で済むかと思います。 ============ 2枚の定期券を使う場合は初めから有人改札を使った方が良いのでは、、、

2人がナイス!しています