ID非公開

2021/4/17 23:26

77回答

いじめ問題に少しでも貢献しようと弁護士を目指すのは間違いでしょうか?

法律相談69閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

それもいいけど、なぜいじめられやすいかの研究も要ります、 l弱いもの いじめを受けやすい人 は、いじめ、をチェック ①※い、いじめる人のそばにいてコミュ力低い(10秒話できない) ②※じ、自分が、全て悪いとして、気が弱い(声が小さい) ③※め、目立つ、または正義感強すぎる (脅し、悪口に仕返しができない) ............... ............... 嫌がらせを受けやすい性格 、性格痛し い、意見はっきり言えない た、頼まれると断れない し、仕事、したことにミスが多い逆に優秀 ...............

1

いいじゃないですか その人生設計にぜひ、弁護士の次に国会議員になるのを加えてください 最後は法改正でしよう 法改正までの間は、議員として。少年法などの関係委員会に所属して、警察や、厚労省の官僚を質問で追い込むと、局長通達などで、現場の動きがかわります

1人がナイス!しています

2

>被害者が死んだにも関わらず加害者はほぼ知らんぷり、加害者の親に関しては被害者の家庭状況の問題もあるのではと言う始末。 それを言って加害者を無罪や減刑にするのが弁護士の仕事だけど。 刑事裁判での弁護士は犯罪者の味方です。 まぁ、被害者に代って慰謝料取る民事弁護士もいるけど、ほとんどの被害者は弁護士代で赤字。 勝手に高い弁護士を付けた分まで加害者に請求出来ない。 5万円の物壊された損害賠償は5万円、治療費3千円の怪我の治療代の損害賠償は3千円、慰謝料は良くて5千円。 いくら何百万円もの高給弁護士を数人付けて様とおその弁護士代まで加害者に請求出来ません。 加害者を重い罪を求刑するのは検事の仕事で弁護士と戦う仕事。 そして被害者の費用は無料。 「被害者の声を代弁出来るのは俺ら検事しかいないんだよ」BYキムタク検事 法律を変えたいなら与党(自民・公明)国会議員。

2人がナイス!しています

1

法律に詳しい教師を目指すのもありかと。 弁護士は、もし依頼者ではなく相手の言い分が正しかったとしても依頼者を弁護しなければいけませんよ。

1人がナイス!しています

1

間違ってません! 社会的な問題の一つである虐めや児童虐待など、未来を背負う子供たちの為にそういった問題を無くす減らす 良いお考えだと思いますよ! こちらはネット上ですので名前は伏せますが 見習う方が有名人におられますね! 弁護士で元某所知事の方、 弁護士ではない人も 元某所知事と 元衆院議員の方 れいわ○○代表 お考えは賛成します 頑張って下さい。

1人がナイス!しています