ID非公開

2021/4/18 0:35

44回答

ルターの言う信仰義認とは、信仰さえあれば救われるのだから欲望全開、悪行三昧で生きなければ損、善行する奴は地獄行きということですか?

宗教15閲覧

その他の回答(3件)

0

ルターの言う信仰義認は、当時のカトリック教に対する比較的な反論です。ただし、その関係を無視して、引き取って、好きなように使っている人や団体は、確かに、少なくありません。そして、「信仰」だけが条件だと口合わせている宗派が数多くある一方、その「信仰」の定義を問い詰めたら、どれも違うことを言っているのを気づきます。 この背景に、質問者がこのように思うのも、正直、無理はないと思います。現代キリスト教の各団体や「先生たち」がちゃんと信仰を細かく説明して、或いは、行動で示さないと、こういう誤解は当たり前になってもおかしくないと思います。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

0

キリスト教の「信じる」とは、どうすることだか知ってるかな? 大抵のしとは「信じる」ことは心や頭の中のことだから、誰にでも簡単にできると思う。教会の牧師でさえそんなことを言う。 そうではない。キリスト教の信者になるとは・・・神の奴隷になって完全服従して生きろということだ。パウロのように、もはや自分が生きているのではないキリストが自分のうちで生きているのだ、とまで言える心境になることだ。 神の奴隷になって服従するのだから、欲望全開、悪行三昧と矛盾するだろ。 キリスト教はそんな神主体の非人間的宗教なのだよ。それを知らないクソスチャンが多い。

0

キリスト教は、麻原彰晃だって、サリン事件の実行犯だって、 殺人魔だって、大強盗だって、強姦魔だって、 悔い改めて、神に認められれば、罪を赦されて、 死後、天国に行くことができる宗教です。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13229552943?__ysp=5q665Lq66a2U44CA5by35aem6a2U あくまでも[神・の・前]限定です。 心の底から悔い改めたかどうかは神が審判します。