ID非公開

2021/4/18 11:24

66回答

美容師さんの上手い下手って何基準なんですか?セットとか明らかやばくて素人でも分かるぐらいなら下手って分かるんですけど、プロとして働いている方たちのカリスマとプロの普通?の違いがよく分かんなくて…(語彙力

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

美容師の上手い下手の基準はお客さんの主観で決まります。 お客さんが気に入ったヘアスタイルにしてくれたら上手な美容師として評価して良いと思います。 厳密に言えば美容師の技術の正確さや出来上がりなどは同業者しか分かりません。 明らかに右と左の長さが違うとか 出来上がりが注文したヘアスタイルと全然違う場合は一般のお客さんでも下手だと分かりますが それ以外で判断するのは同業者しか難しいと思います。 必ずしも上手とは限りませんが 指名数の多い人気のある美容師に施術してもらった方が失敗する確率は少ないと思います。

1

カットモデルに行ったことがあります。 指導員の方と練習中の方で、明らかに出来上がりのスタイルに差がありました。 手の動かし方、ハサミの入れ方・角度、髪のクセの見極めなどで、出来が全然違うことを実感しました。 よければ見習いのカットモデルに参加してみてください。美容師さんの中の上手い下手がなんとなくわかる気がします。

1人がナイス!しています

0

des********さんの回答は面白いですね でもその程度で神になれるならそんなに苦労はしないかもなぁ 3か月後崩れない程度は偏差値で言えば60そこそこくらいじゃないでしょうかね そこから先は技術的に伸びしろが少なくなるのは事実ではありますが、その先は美容と言うモノに対するアプローチの違いじゃないかと思います 特にカリスマと呼ばれる人たちは各自得意分野などがはっきりしてます 大学なども早稲田は政経が強いとか中央大学は法学部が強いなどありますよね? 飲食でも昔いた鉄人たちだって周富徳と言えば広東料理だとか陳健一と言えば四川料理と言った強烈な強みがあるけど町中華などでは広く浅くやってます なのでカリスマ美容師=なんでもできるではないって事だけは覚えておいた方が良いです

1

気に入らないところが一つあれば下手です。 メニューをカットのみとしてあくまでお客様の主観です。 神美容師:3ヶ月経っても崩れない 凄腕美容師:周囲の評価が明らかに変わる 良い美容師:思った以上の仕上がりになる 普通美容師:思った通りになる ヘタ美容師:思った仕上がりにならない カス美容師:1ヶ月すると変になる クソ美容師:明らかな切り残しがある 美容師失格:耳を切る こんな感じです。これにお客様と美容師の相性、コンディションなどを踏まえると、本当に関係は大事だと思います。

1人がナイス!しています

0

国家試験さえ通れば、未経験でも「美容師」は名乗れます。 資格を所持していればプロです。 腕前は個人差が大きいですね。 スタイリスト紹介で「スタイリスト歴◯年」と記載しているサロンも多いですが、長くやっていても下手な人はいますし、スタイリスト歴が短くても上手い人はいます。 カリスマ美容師というのは実績や人気があり、予約を取るのが困難な美容師です。 カットが上手い美容師だと、生え方の癖までしっかり考えてカットしてくれるので、セルフでもセットが楽です。